大きくする 標準 小さくする

ブログ

<<前へ次へ>>

「古寺からのお経の呼び声」[「クトゥルフ神話TRPG」]

投稿日時:2019/01/20(日) 09:41

  2019年最初のTRPGは「クトゥルフ神話TRPG」でした。
 今回は、POWの決定を2D6+6(上限16)のハウスルールを採用。

<キャラクター>
「明日葉アキラ」ストリート・ローグ(ラッパー) 24才 男
・ゲーム開始時正気度50
 元ボクシング選手(武道76%)

「ポン」魚とり 30才(推定) 男 
 日本地図に載ってない山の中に住むという、色々ツッコミどころのある人。

「安田ヤス」暴力団員 27才 男
 N市うなぎ組の組員。夢で男を組み伏せており、起きると組の者がいなくなっているという悪夢に悩まされる。

「水木 完」作家 31才 男
  ボロアパート住まいの作家。昼夜逆転した生活をしているらしい。様々な本を集めるマニアコレクター。EDUが20あり、母国語が99%でカンストしてる。

<あらすじ>
 PC達四人は、気がつくと夜の野外で目覚める。
 目の前には、明かりの灯された古寺があり、中からお経の唱和が聞こえてくる。
 全員、こんな場所に覚えがない。
 とりあえずお互いに自己紹介し、何もせずにぼーっとしている訳にも行かないので、探索を始める。

 辺りは暗いので、古寺から漏れる明かりの範囲外を調べるのは難しい。
 それでも、古寺の回りは木に囲まれた林であり、道などはないのがわかる。
 そして、古寺の外で座り込んでいる男も発見するが、男は既に死んでいた。男はメモを持っており、そこにはこう書かれていた。

「これは、きっと夢だ。夢ならいつか覚める。目が覚めるのを待とう」

 その後、古寺そのもの探索へ。お経が聞こえるのだから、誰か人がいるだろう。
 だが、お堂の中を覗いてみると、人の姿はなく、お経もピタリと止まった。

 お堂の中には、奥に黒い仏像、その手前に巻物が置かれた台、そして左右の壁には「羅漢図」と呼ばれる絵画が飾られていた。(羅漢図というのは、仏道の修行者を描いた絵です)

 一行は、まず羅漢図から調べ始めた。
 羅漢図に描かれていたのは、まずは食事をする羅漢図。しかし、よく見れば、人の腕のようなものを食べていた。(さらによく見ると、その羅漢は犬めいた奇妙な顔をしていた。が軽い正気度消失)
 次の羅漢図は、人と言うより魚めいた顔をした羅漢の絵。
 最後の羅漢図は、全身に人の顔のような皺のある羅漢の絵だった。
 これを見ていた探索者達は、この羅漢図に描かれているような異形の者達に、何かトンネルのような場所を通って連れてこられた事を思い出した。
 次に調べたのは、黒い仏像。この仏像、よく見ると顔が彫られていなかった。だが、顔がない筈なのに、まるでない顔があるかのような錯覚を覚えて軽いショックを受ける。
 最後に巻物を調べるがこれはどうやら経典らしい、しかし、これも開いてみると、中身は英語で書かれているという奇妙な経典だった
 タイトルは「The Silver Twilight」 注 和訳すると「銀の黄昏」
 英語技能の判定は失敗し、内容はさっぱりわからない。
 目に見えるものは調べ終わったものの、どれもこれも奇妙なものばかりで探索者達は調査に行き詰まる。(経典の載っていた台を調べたり)
 お堂の灯りを使って周りの林も探索するが、道に迷っただけだった
 
 すっかり探索に行き詰まった所、外からお経の唱和が再び聞こえてきた。なんと、探索者達が最初に目覚めた場所に、光のトンネルが出現している。
 だが、そこには三枚目の羅漢図に描かれていたような無数の人の顔のある巨大な芋虫(チャコタ)がいた。
 チャコタは正気度の判定に失敗すると1d20の正気度を失ってしまう。
 しかし、ここは誰も狂気を発症せずに済ます事が出来た。
 ついでに、トンネルの光についてアイディアロール。成功したものは、その光が徐々に強くなってきており、昇る太陽の光、すなわちこの場所からの出口である事に気がつく。
 チャコタが出口にいるものの動きは遅く(DEX3)、一番遅いポン(DEX4)でもすり抜ける事は出来そうだった。(DEX対抗判定なので、がサポートのためにチャコタの気を引く)
 全員、うまく抜けたものの、援護のためにチャコタの気を引いた  が複数の頭によるチャコタの噛みつき攻撃を受ける。
 それを助けようとして、が戻ってくるが、今度はチャコタの狂気を与える泣き声攻撃(自動命中でダイレクトに正気度1d8消失する)により、狂気が発動。
 どうしようもない状態になるが、なぜかチャコタが引き下がり、なんとか全員、トンネルの向こうに脱出した。

 トンネルの向こうはどこかの山中を通る舗装された道だった。
 しばらく歩くと集落と交番があり、助けを求めてセッション終了。

<ゲーム終了時点での探索者の正気度>
・明日葉アキラ 正気度44
・ポン     正気度67
・安田ヤス   正気度50
・水木 完   正気度57

「魔剣オーバーロードガイスター」[「ソードワールド2.0」]

投稿日時:2019/01/02(水) 12:40

 2018年10月のTRPGBOXのセッションです。
 今回は、プレイヤーは私一人でした。

<キャラクター>
「ローレンス・フォン・プロイゼ」ドレイク 男 18才
・技能 ファイター10 エンハンサー2 マギティック1 フィジカルマスター6 ウォーリーダー7 ノーブル5(一般)
・戦闘特技 武器習熟・剣A 全力攻撃Ⅱ 防具習熟・金属A 練体の極意 タフネス 武器習熟・剣A
 王位継承権80位(族長の血縁)のドレイク貴族。自分の実力で強敵を倒した事が無いことを現在悩み中。
 
<サブキャラクター>
「エリーヌ」ライカンスロープ(犬)
・技能 スカウト9 プリースト(ゾーンダーク)9 ミスティック6 セージ2
・戦闘特技 魔法拡大・数 代償軽減Ⅱ MP軽減(プリースト) トレジャーハント 占瞳操作 ファストアクション ダブルキャスト 影走り

「アルゼルバン」ダークトロール
・技能 プリースト(ダルクレム)9 レンジャー8 ファイター7 エンハンサー1
・戦闘特技 かばうⅢ 防具習熟・金属A 頑強 防具習熟・金属S 超頑強 タフネス
 HP109 さらに防御点やアイテム・魔法で強化すると、最大で150点のダメージに耐えられる「壁」

<NPC>
「エマ・モンタギュー」
 ローレンスと幼馴染のドレイク。

<あらすじ>
 アセルフルへの四つの街道の魔物を倒した事で、ローレンスはカーツ=デルフラムに謁見する事になった。(顔見知り)
 自分の手柄ではないため、内心はモヤモヤしていたが、デルフラムの最高権力者に目通りが叶ったことには、素直に喜んだ。
 その後、宮廷舞踏会に招かれる。多種多様なバルバロスの奇妙な舞踏会で、ローレンスは懐かしい人物に再会した。
 エマ=モンタギュー、ローレンスとは幼馴染みにあたり、共にドレイクナイトとしてバルバロス最下級の世界からのしあがってきた人物だ。
 彼女は今、魔導船による商船団を配下におき、各地を飛び回っているらしい。  (ちなみに、第一の神ガメルを信仰しているが商船団が有益なので、目こぼしされている。れっきとしたバルバロスなのに名誉蛮族点払ってそう)
 なんでも数年前に出会った「先生」に、色々と助力を受けているとの事。(ちなみに、先生は「首」しかない)

 エマはアセルフル街道の武勇伝を誉めるが、自分の実力ではないので、しどろもどろになるローレンス。
 さらに、再会の記念に、エマからピアスを贈られるが、シンパシーピアス(騎獣に鼓咆が使える)を外さなくてはならなくなるのでしぶるという空気読めなかったりする始末。

 エマとの再会からしばらく後、モンタギュー商船団が襲撃を受け、アセルフルに戻れないでいるという話を聞く。
 通話のピアスでエマと連絡を取ると、強がっているものの、背後に砲撃音などがして、危険な様子。

ローレンス「お前は昔から強がって、後衛が危険な時でも平気だとか言ってたからな」

 敵はスカイバイクに乗ったデュラハンらしいので、こちらも御者に戦車を引かせて救援に駆けつける。(このために一万ガメル散財。)

 モンタギュー商船団に合流すると、積み荷で使える者は使って良いと言われ、船底に行く。
 そこには、ダルクレム神が使っていたのと同じ装飾の見事な大剣があった。(写真参照 成田山にて撮影)
 


 自分が使うには、格が足りない気もしたが、ローレンスが手にすると、大剣は苦もなく持つことができた。(この大剣、実はガイスタープラス「制圧者」というとんでもない代物、サービスで使わせて貰いました。本来は最低でも11レベルで「武器習熟」を取らないと使えない)
 謎の大剣を手に甲板へ。敵はスカイバイクに乗るデュラハンで。さらにデモリッシャー(チャリオット)を引いている。(スカイバイクは、チャリオットを引けないのでかなり特別製)
 さらに、そのデモリッシャーに、デュラハンが乗っていた。
 制圧者の能力を持ってしても弱体化できず(というかボスに効かなかった)、手数も足りずに苦戦するが、共に連れてきたダークトロール「アルゼルバン」の神聖魔法による援護と、メイドの「エリーヌ」の占瞳
によるクリティカル値下げにより、最後はガイスターのクリティカルにより、ローレンスは勝利する事が出来た。

 これにより、ローレンスは自分の力で強敵を倒すという、自分自身への実力の証明を果たす事が出来たのだった。

 制圧者があれば楽勝ではと思ったものの、虎徹GMがそんなに甘いわけは有りませんでした。(そもそも、ガイスタープラス制圧者などという滅茶苦茶なアイテムは、当日、私が言い出した代物です)
 HPもかなり食らい込み「これは変身のタイミング失敗するとヤバいな」という大苦戦だったので、今年の最後にふさわしい戦いとなりました。
 

「アーカムノワール」[「カードゲーム・ボードゲーム各種」]

投稿日時:2019/01/02(水) 09:51

 クトゥルフ系のカードゲーム「アーカム・ノワール」を買ってきました。
 1920年代のアーカムを舞台に、殺人事件を調査していくシナリオです。行く着く先は邪悪なカルトの陰謀に巻き込まれての狂気なんですが。(割と普通に、TRPGのシナリオにしていけそうな感じ)

 

 カードのセットアップ。(かなり場所を使います)
 


 最初の犠牲者たち。彼らを殺した犯人を捜すというのが、このゲームの導入です。
 

 調査中。この写真だとわかりにくいですが、犠牲者カードの右端にマークがあって、そのマークと同じマークが左端にあるカードを繋げていきます。
 さらに、カードの上端にある五種類のマークを集めると、ひとつの事件が解決。その上、カードの上端には事件全体の真相マークがあり、これを五枚揃えるとゲームに勝利できます。(ややこしい)
 

 狂気カードが溜まり、ゲームエンド。(発狂エンド)
 狂気チェックは、カードの下の正気度チェックマークがある時か、犠牲者の横に調査カードが7枚以上溜まると判定に入ります。
 調査カードの山から一枚とり、右下に狂気マークがあれば、狂気カード列(写真下)に並べていきます。(五枚溜まると発狂エンド)
 

 一枚のカードに、色んな事が書きこまれているので、初回は訳が分かりませんでした。
 最初はペナルティに翻弄されますが、よくカードを見てみると、捨て札を調査カードの山に返すカードや、狂気カードを減らす(手札に加える)カードもあり、カードの機能を活用すれば、もう少し楽しくはなりそうです。

 ちなみにこのゲーム「一人用」です。一人で黙々とカード並べてると、ちょっと飽きるかもしれません。

「ハウスルール」[「クトゥルフ神話TRPG」]

投稿日時:2018/11/26(月) 12:30

 クトゥルフ神話TRPGを遊ぶ時の個人的なハウスルールです。(VER1.0)

・POWは2d6+6で決定。(上限16)
 高すぎるPOWや低すぎるPOWによってSAN値が一定しないことを避けるためのルール。ほどほどにSANチェックに引っかかってくれないと、ホラーゲームであるクトゥルフ神話TRPGはやりにくいので。

・セッションごとにPOWは再振り直しで決め直す。
 SAN値が30とか40に下がるとあとはもう下がるのに歯止めかからないし、プレイヤーのモチベーションも上がらないだろうから、思い切ってリセットするというハウスルール。
 これなら、前のセッションでPOWが高かったキャラも、次のセッションでは低いこともあり得るので、ずっとSAN値勝ち組にはならないだろうというルール。

・インセインの狂気カードの使用。
 ハウスルールと言うべきかどうか。クトゥルフの発狂表はイマイチ、ロールがしにくいようにも思えるので、もっとわかりやすい狂気を使おうというハウスルール。
 

「護衛の仕事だけのはずなのに」[「ウォーハンマーRPG」]

投稿日時:2018/11/18(日) 09:31

 2018年8月26日のTRPGBOXのセッション。

 今回は6月のウォーハンマー「戦争は終わった」の続きです。

<キャラクター>
・「オルザド」ドワーフ 流れ者
・「アメンデル」エルフ 盗賊
・「ディーター」人間 扇動家
・「ガロン・ガリル」ドワーフ 盾砕き→軍曹

<NPC>
・「グスタフ」
 旅の商人。PC達を雇う。「縄で縛られて」に登場した骨拾いだが、同じキャラクターの人間が一人もいないため、みんな初対面。

あらすじ
 「売春宿」を乗っ取ったPCたちは、ついでに入手した宝石「デーモンの目」の処分についてやいのやいの言い合い、時間を無駄遣い、もとい楽しくやっていた。
 そこに旅商人のグスタフがやってきて、商売のために近くの村に行きたいので、PC達を護衛に雇いたいという。しかし、あんまり乗り気でないPC達。しかし、最終的にはこの仕事を受けることになる。(前回が、ファイター系のキャリアのPCがあまり活躍できなかったので、戦闘系のシナリオにしたら裏目に出た。いっそ、デーモンの目の影響で、混沌変異とか起こしたほうが面白かったかもしれない)

 ようやく依頼を受けてくれたPC達は、グスタフの荷馬車でミドンヘイムの周辺の村へ。ミドンヘイムが包囲された代わりに、周辺の村では破壊を免れた村があり、そこから食料を調達するらしい。
 ただ、周りには「混沌の嵐」の残党がいたりして危険。(というか、どの道、いつでも危険)案の定、途中の村はグリーンスキンのコボルトに占拠されていた。
 荷馬車がなければ迂回するのだが、それが出来ないので戦闘に。なお、この戦闘で、ディーターが扇動家の自分がなぜ、戦っているのか。人生に悩みだす。
 

 村はグリーンスキンの攻撃で全滅。かろうじて、納屋に隠れていた少女だけは救出。その後、目的地の村に到着。
 この村でディーターは、見知らぬ女性から「ああ、あなた! 帰ってきてくっれたのね!」と突然、抱き着かれる。どうも、ディーターが行方不明になった婚約者とそっくりらしい。この女性、今は別の男性と結婚してるらしく、その夫に呼び出される。

 この夫、郊外に呼び出したかと思うと化け物(ラットオウガ)を呼び寄せて、PC達を亡き者にしようとしてきた。前半で思った以上に時間を食いつぶし、後半が駆け足になりましたが、この夫、妻とディーターそっくりの男が付き合っているのを横恋慕、ディーターそっくりの男を殺して川に流し、まんまと結婚。しかし、ディーターがやってきたことで「まさか生きていたのか?」と再び殺害をすることを決意。
 そんな事情を知らないディーターは、扇動家であることを悩んでるところに、人違いで殺されそうになり、さらに精神的に追い詰めたかもしれません。(笑)

 この戦闘が終わったところで、時間的にも厳しくなりセッション終了。最初の「デーモンの目」を巡るやりとりが長すぎた。
 本当は、もう一つ、グリーンスキンに襲われた少女にまつわるミニシナリオがあったのですが未消化でした。

にほんブログ村
 
<<前へ次へ>>

<< 2019年8月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

ブログ最新記事

「ソードワールド2.0」 「操霊術師の館」  2019/07/28(日) 20:38
「ソードワールド2.0」 「ラーリス司祭はフリーダムに生きる」  2019/07/07(日) 12:43
「ソードワールド2.0」 「ワシは冒険者になりたいんじゃ」  2019/06/02(日) 09:10
「ソードワールド2.0」 「魔剣ブラッディ・インの迷宮」  2019/06/02(日) 07:40
「クラヤミクライン」 「ルールの簡単なまとめ」  2019/05/04(土) 08:59
「ソードワールド2.0」 「エリートゴブリンの襲撃 新米冒険者のゴブリン退治」  2019/04/14(日) 12:50
「真・女神転生TRPG 覚醒編」 「ノアの箱舟」  2019/03/08(金) 09:03
『TRPGBOX録』 2019年2月のTRPGBOX  2019/03/02(土) 09:00
「ログ・ホライズンTRPG」 「サクラ姫の古地図」  2019/02/03(日) 09:08
『TRPGBOX録』 2019年1月のまとめ  2019/01/31(木) 09:21
「クトゥルフ神話TRPG」 「古寺からのお経の呼び声」  2019/01/20(日) 09:41
「ソードワールド2.0」 「魔剣オーバーロードガイスター」  2019/01/02(水) 12:40
「カードゲーム・ボードゲーム各種」 「アーカムノワール」  2019/01/02(水) 09:51
「クトゥルフ神話TRPG」 「ハウスルール」  2018/11/26(月) 12:30
「ウォーハンマーRPG」 「護衛の仕事だけのはずなのに」  2018/11/18(日) 09:31
『TRPGBOX録』 2018年10月28日のTRPGBOX  2018/10/28(日) 22:01
「ソードワールド2.0」 「ディルフラム! ドレイク坊ちゃん再び」  2018/10/14(日) 08:12
『TRPGBOX録』 2018年9月23日のTRPGBOX  2018/09/27(木) 19:36
『TRPGBOX録』 2018年8月26日のTRPGBOX  2018/08/31(金) 06:56
「ソードワールド2.0」 「猫耳は他島に渡ったようです」  2018/08/15(水) 10:48