大きくする 標準 小さくする

ブログ 2009/11

rss

T&T7thをGMする困難さ・・・・[「セッションの記録」]

投稿日時:2009/11/28(土) 20:01

 プライベートでGMするセッションで、アリアンロッドかソードワールド2.0のどちらを遊ぶかという話になって、参加予定の人たちがアリアンロッドのほうは、ルールブックを全員持っていそうなので、アリアンロッドのGMをすることになりました。ソードワールド2.0も捨てがたかったんですが、ルールを持っていない人のために、あれこれ、データを用意するのも面倒だという結論で。

 で、TRPGBOXのGMの準備をするのに、実はT&T7yhのGMをするつもりでいたんですが・・・・・・文庫型のTRPGシステムって、手ごろに買い求められるって利点が活かせないと、結構、不便なシステムかもしれない。

 その昔、白玉楼がTRPGを覚えた手の頃、T&Tは、手ごろに手に入るTRPGシステムでした。なにせ、D&Dとかストームブリンガーとかトラベラーとかクトゥルフの呼び声(旧版)とか、みんな、地元では手に入らず、都会まで買いに行かないと手に入らないシステムでしたから。みんなしてルールブックを買って、中学校の休み時間にゲームをしたのは懐かしい記憶です。ルールブックはみんな持ってるのに、なぜかサイコロのほうがなくて、鉛筆の後ろに1~6まで数字を振って、鉛筆代わりにして・・・・・(今思えば、お年玉を投入して購入したストームブリンガーは、ボックスにごまかされてかなりぺらぺらな冊子だったな。T&Tより全然薄い。)T&Tとかソードワールドは、地元の本屋で手に入るかなり手ごろなルールブックでした。・・・・・・ロードス島戦記コンパニオンでさえ、私は、友人に買ってきてもらって、遊んでた気がする。

 みんなが持ってるから、ルールのコピーという労力が省けるのが文庫型TRPGの最大の利点でありながら、T&T7thは、正直、今の時代、決してメジャーにはなりえないルールの気がする・・・・・・文庫って、コピーしづらいんだよな。どうせなら、文庫ゆえの利点を活かして、複数買いするか・・・・・・・って!!! なんで一冊1800円もするんじゃああ!!!!!(二冊も余計に買えば、メイキングがかなり楽になるかと思ったのに。)

補記

 日本のTRPGは、コンベンションに持っていくGMに配慮してか、割とコピーしやすいページ割ですが、海外ゲームのGMをする人ならわかると思いますが、海外のゲームって、コピーへの配慮がほとんどされてませんよね?

なんのゲームを遊ぶか[「セッションの記録」]

投稿日時:2009/11/19(木) 21:40

 開催まではまだ日があるものの、GMしてくれる人がいるかどうかもわからないし、主催者としてはGMの準備をしないといけないですよね。さて、なんの卓を立てたものやら。

 好きなゲームはクトゥルフ神話ですが、恐怖モノTRPGは、システム的に大人数では遊びにくいので、なるべく人数調整に幅の利くファンタジーTRPGを選択すべきでしょうか? モンスターメーカーリザレクションは、ひさびさにルールブックを持ち出して遊んできましたが、なかなか面白かったです。

 あるいは、T&Tのファンなので、あまり世の中に普及していないT&Tを広めるべくGMしてみるのも良いかもしれません。(T&T7thが発売された当時は、T&T好きの間で盛り上がったものですが、それっきりだったしなぁ)

 

「ジャック・イン・ザ・ラビリンス」桜丘3[「真女神転生TRPG魔都200X」]

投稿日時:2009/11/01(日) 07:59

 東京デスティニーリゾートの人気アトラクション、「ジャック・イン・ザ・ラビリンス」。
 入るたびに通路のつながり方が変わり、館内で襲い掛かるさまざまなゲームやクイズを次々とクリアしながらゴールまでたどり着くと豪華賞品が手に入るというこのアトラクションに、近頃奇妙な噂がつき始めた。
 いわく、ある部屋に入ってある特別なクイズに答えたものは二度と戻ってこない。
 いわく、ある通路に仕掛けられているトラップに引っかかったものは本当に死んでいた。
 いわく、ごてごてと飾り立てられた巨大雪だるまや巨大カボチャちょうちんが練り歩いている所に出くわした・・・などなど。
 噂の虚実はさておいて、この状態に悪魔が絡んでいることは確実なようだ。

 PCたちは、それぞれのコネから、「東京デスティニーリゾート」内にあるアトラクション「ジャック・イン・ザ・ラビリンス」で、悪魔がよからぬことを行っていることを知る。

 コネ等を使用して調べた結果、1920年代のイギリスで、本物の死体を使ってお化け屋敷を作っていたマーチン=ガードナーという人物(悪魔?)の仕業らしい事がわかってくる。
 PCたちは、実際に、ジャック・イン・ザ・ラビリンスを調べる事になり、東京ディスティニーランド(以下東京DL)に向かった。
 瑞穂、イングリッド、シギュンは、通常のゲートから東京DLに入り、犬なのでそのままでは入れないお父さんと、どうしてもパワードスーツを持ち込みたいライシンが、東京DLのスタッフとして潜入する。
 東京DL内では、水無月六花が本業のアイドルとして、テレビの仕事で、東京DLに来ていた。アトラクションの案内という事で、お父さんとライシンは、六花とジャック・イン・ザ・ラビリンスに入る事に。

  ジャック・イン・ザ・ラビリンス内で、お父さんとライシンは、他のメンバーと合流する。
 アトラクション内には、悪魔が徘徊しており、六花に頼んで、彼女と一緒に行動しているスタッフを、退避してもらった。
 いくつかの部屋を回り、この迷宮に捕らわれてさまよっている人を助けたり、橘千晶(様)に遭遇したりしていると、マーチン=ガードナーがどこからともなく現れた。

 マーチン=ガードナーは、PCよりレベルが20くらい上のサヴォバク(合体による強化込み)で、連れている悪魔もアイアンクラブをはじめとする難敵(かつ中BOSS扱い)ばかりだったが、なんとか撃退に成功する。
 こうして、東京DLのジャック・イン・ザ・ラビリンスにまつまる奇妙な噂は、PCたちの手によって密かに闇に葬られたのだった。

補記
 普段はGMですが、今回はGMをさそりさんに変わってもらい、未来から来た謎の少年ライシンとしてPLやりました。
 セッション後のクールダウンでは、満場一致で「ヒーホー属性」を頂きましたが、その決め手は、ラスBOSS戦での一言「俺の命運を返せ」だったとか。

 それにしても、パワードスーツは、やはり弱いですね。いっそ、次回は、人修羅で参戦したいところだけど、パワードスーツにそれなりに愛着あるしなぁ。

<< 2009年11月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

ブログ最新記事

「真・女神転生TRPG 覚醒編」 学園異聞録1  2017/06/26(月) 21:31
『TRPGBOX録』 2017年6月25日のTRPGBOX  2017/06/25(日) 20:57
「真・女神転生TRPG 覚醒編」 「デビルチルドレン ~八雲館の異変~」  2017/06/23(金) 07:00
<<FARCE定例会録>> 2017年6月FARCE定例会録  2017/06/11(日) 20:46
「クトゥルフ神話TRPG」 「五つの神殿」クトゥルフ2015  2017/06/10(土) 21:47
「グランクレストRPG」 「ロードは建国しました」  2017/06/07(水) 21:14
「ガープス」 「ガープスベーシックを忘れてはいけません」  2017/06/06(火) 21:07
『TRPGBOX録』 2017年5月28日のTRPGBOX  2017/06/02(金) 21:46
<<FARCE定例会録>> 2017年5月FARCE定例会録  2017/05/07(日) 19:08
『TRPGBOX録』 2017年4月30日のTRPGBOX  2017/05/05(金) 06:34
「幻奏戦記ルリルラ」 幻奏戦記ルリルラ  2017/05/01(月) 21:27
「ソードワールド2.0」 「冒険者達は魔神信奉者の潜む屋敷に挑むようです」悪魔屋敷1  2017/05/01(月) 21:12
「ウォーハンマーRPG」 「レッツゴー!アルトドルフ!皇帝と毒入りワイン」  2017/04/16(日) 18:18
「ソードワールド2.0」 M7「ライカンスロープは偵察に行くようです」戦の始まり  2017/04/16(日) 08:58
「装甲騎兵ボトムズRPG」 「PS(ポンコツソルジャー)のさだめ」  2017/04/09(日) 20:15
<<FARCE定例会録>> 2017年4月FARCE定例会録  2017/04/09(日) 18:25
「ソードワールド2.0」 「アルター男爵家の人々」  2017/04/06(木) 20:50
「インセイン」 マルチジャンル・ホラーTRPG  2017/04/02(日) 12:50
『TRPGBOX録』 2017年3月26日のTRPGBOX  2017/03/27(月) 20:40
「ソードワールド2.0」 M6「亡命者」カスペル探し  2017/03/23(木) 06:50