大きくする 標準 小さくする

「真女神転生TRPG魔都200X」

<<前へ
rss

「少年は人間のジェノサイドを防ぐために奔走するようです」

[キャンペーン] 投稿日時:2015/10/04(日) 09:10

 2015年9月26日、TRPGBOXの番外編としてメガテン200Xキャンペーンの続きをやってきました。(前話:「少年は意外な場所に迷い込んだようです」
 
201510040910_1-300x0.jpg

<キャラクター>
「小鳥遊アオイ(たかなし・あおい)」式神使い→剣士 男 17歳
 デビルサマナーの少年。正義感が強く、弱いものが強いものに一方的にやられるのを黙って見ていられない。*これまで葵という漢字を使ってましたが、漢字が普通に使われる世界ではないので、今回からアオイとカタカナになりました。  

「マーキュリー・ランプ(銀ちゃん)」弓術家→エアマスター 女 16歳
 アオイのいとこ、通称「銀ちゃん」

NPC
「ジェーン・モンタギュー」??? 女 21歳
 教育実習生として葵たちの学校にやってきたイギリス人女性。古いアンティークなどに興味あり。現在、紆余曲折を経て「首だけ魔王」に。

「聖女ヘレーナ」
 人間たちの世界で聖女と呼ばれる存在。高位の天使を召喚可能。しかし、そのせいか、悪魔たちに対してやや強気。

「ヘンネマン」
 悪魔と戦えるだけの実力を持つ騎士階級の武人。

「ヘカーテ」
 悪魔たちの軍団長。魔王への忠誠は高い模様。人間たちの街を包囲する。


<あらすじ>
 今回のシナリオは、人間の街に立ち寄ったところ、その街が悪魔に包囲されて逃げられなくなるというもの。
 一度は降伏を受け入れ、悪魔の軍団を街に招いたのに、悪魔に降伏するのに納得しない武人たちが卑怯な不意打ちをしかけ混乱が起きる。悪魔たちを怒らせる。
 それでも徹底抗戦するよりは、交渉をすべきと人間側の代表である聖女に話をしに行くものの、「あなたを犠牲にはできない徹底抗戦だ!」と引き留められ、命運を3点もつぎ込んで会話判定をすることに。
 私は悪魔使いで、悪魔召喚するのに命運使うんですが・・・

 なんとか交渉の使者になり(厳密には交渉のセッティングをしに)、悪魔の軍団の元に向かう。(「ニンゲンだー ニンゲンだー」「手をもげー 足をもげー」)
 実は、こちらには悪魔の軍団の長である魔王のジェーン先生がいるので、ヘカーテに魔王様は首だけになったとはいえ、こうして連れ戻して来たし、人間の街は明け渡すから住民は見逃せと交渉。
 悪魔の軍団の軍団長ヘカーテからは、人間の切り札である「光の槍」の謎も探って来いと要求されるものの、それを強気に突っぱねて交渉成立。(ただし、またも命運2点消費)

 こうして、悪魔による人間のジェノサイドを口先だけで乗り切ってきました。口だけで人間と悪魔の戦争を回避するのには、ごっそり精神力を奪われました。でも、楽しかったです。
 しかし、これは単なる問題の先送りですね。人間と悪魔が争うこの世界に、平穏は訪れるのでしょうか。

 ところで、この後、「戦闘がないのはつまらない」と余計な戦闘をやったところ9ターンに及ぶ長丁場、「全滅するかと思う目に」遭いました。(しかし緊張感のあるは戦闘で良かったです。最近は、2ターンぐらいでけりがつくこと多いし)

 それにしても、今更ながら、カオスルートに首を突っ込んだ気がしますねぇ。(基本的に悪魔って、強い存在にしか従わない気がする→魔王にならないと言うこと聞かない)
 神族覚醒で、まれ人「プライムワン(万能属性)」取りたいけど、命運が下がる罠。
 次回は、もう一回聖女に会いに行って、コミュをがんがん上げてこちらの言うこと聞かせたい気もするけど、それって、やってることはカオスな気が。
 でも一応、ヘンネマンから無銘の刀託されたし、彼の意思を尊重して人間が虐殺されるのは防ぎたいですね。
 今回のセッションで、人間と悪魔、それぞれの陣営の内側を見ることができたし、そろそろ「元の世界に戻りたい」ではなくて、「この世界の人間と悪魔の戦いを止めたい」にアオイの目標はシフトしたと思います。

 ところで、今回は苦労したかいあって、かなりの経験点が入手できたのも嬉しいですね。(前回も、大量の経験点が入る可能性はありましたが、ほぼイベントで苦労もしてないと実感と実力が追い付かないので)
 レベル27の式神使いのスキルを入れ替えて、いよいよ造魔作成できる。

M3
今回獲得経験点 9422点
現在経験点 19683点(NEXT21952点)*計算が合わないけど、足りない分はボーナス経験点です。
*レベル20→27
今回獲得マッカ 9422マッカ

獲得アイテム サファイア

獲得悪魔カード なし

葵の属性 ロウ評価 ダイスはまだ振ってません

次話

にほんブログ村
*ランキング参加中です

「少年は意外な場所に迷い込んだようです」

[キャンペーン] 投稿日時:2015/02/24(火) 21:03

 去年のメガテン200Xセッションの続きです。トラフーリした先は、どこに繋がっているのでしょうか?

 ところで、今回から私の葵君は、格闘家から剣士に変更しました。(でもまた、クラスチェンジしそう)
 
201502132139_1-300x0.jpg

<キャラクター>
「小鳥遊・葵(たかなし・あおい)」式神使い→剣士 男 17歳
 ごく普通の少年、教育実習生としてやってきたジェーン先生が好き。今回キャラをリビルドして、式神使い→剣士になりました。

「マーキュリー・ランプ(銀ちゃん)」弓術家→エアマスター 女 16歳
 葵のいとこ、葵は彼女のことを「銀ちゃん」と呼ぶ。なんだか最近、悪魔の力に惹かれている様子。

NPC
「ジェーン・モンタギュー」??? 女 21歳
 教育実習生として葵たちの学校にやってきたイギリス人女性。古いアンティークなどに興味あり。現在、紆余曲折を経て「首だけ魔王」に。

「あらすじ」
 訳もわからず戦闘に巻き込まれ、最後はトラフーリで逃げた先は、真っ暗な空間だった。

 明かりの代わりに、光の小太刀を引き抜く葵。
 何処の部屋らしいがここがどこかという手がかりはなく、ひとつだけある扉から部屋を出る。

 途中、悪魔合体の施設が見つかったり、屍鬼系の悪魔に襲われたり、だんだんとわかってきたのは、ここが悪魔合体のための施設という事だった。

 ジェーン先生より前の魔王が、ここで悪魔合体の研究をしており、魔王軍の強化をしていたらしい。

 ここの悪魔には骨があったり、自分の強化ではなく研究対象として悪魔を強化したり、妙に人間じみた部分に、葵は違和感を覚える。
 一方で悪魔カードで悪魔になれば、もっと力が手に入る事を知ったマーキュリーランプこと銀ちゃんは、悪魔に興味を持ち出す。

銀ちゃん:「ここ、面白い!」
葵:「わずか半日で、馴染みすぎです。銀ちゃん・・・」*先生を助けるために、この世界にやってきて、まだ、それほど時間は立っていない。
 その後、出口を見つけるが、強力なガーディアンが配置されているようなのでスルーする。

 ガーディアンをなんとか出来ないか探索を続行、途中、倉庫で物反鏡を手に入れる。それと、あちこちに散らばる悪魔の白骨死体から、情報を得て、この場所がなんなのが徐々に判明してくる。

悪魔の白骨死体A:「あの野郎、俺達が悪魔合体で魔王にしてやったのに裏切りやがった」

悪魔の白骨死体B:「魔王はガーディアンと戦って死んだけど、私たちも出られなくなった。カウント5であれを使えば」

悪魔の白骨死体C:「ガーディアンは強力だが、プログラム道理にしか動かない。強化、強化、強化、攻撃だ」

*情報入手の順番は、わかりやすいように入れ替えてあります。まとめると、人間に対抗するため悪魔合体によって個体強化する研究をここではしていた。ある検体を魔王級の悪魔に悪魔合体することに成功したが、その魔王は他の悪魔がこの研究を使って自分より強い個体が生まれないように、ここの悪魔(研究員)を殺しに来た。研究所の悪魔は、魔王に対抗するためにガーディアンという悪魔を入り口に配置し、魔王を倒すことに成功したが、自分たちもガーディアンによって出られなくなってしまったと。
 物反鏡がキーアイテムなら、それを使えば出れたんじゃ?と今更に思うけど、ここの研究員はみんな悪魔だから、「アイテム使用」できなかったのかもしれません。

  ガーディアンを倒す算段もついたので、出口に向かおうとすると、四体の強力な悪魔が現れる。
  最初の攻撃で、プレイヤーには正体がわかったものの、アナライズの達成値が届かず、メガテンの基本戦術である弱点を突いた攻撃が出来ないので大苦戦。(このセッションは、GP高めなので、アナライズ出来ない事が多い)
 それでも、なんとか倒す。悪魔の正体は、予想通りキングフロストでした。このセッション、GP制限がないので、体能力値などの必要条件を満たしてれば、かなりの高性能装備を使用できる。銀ちゃんは、それでかなり良い装備になってるものの、常識的なキャラクターにしてる葵は、装備面でどうしても劣るので(大抵の装備は「体」が高ければ装備できる。そして、葵君の体は低い。そのため、葵は前回と今回、あんまり戦闘でダメージは出してない。)

 キングフロストの戦闘に勝利し、いよいよ出口のガーディアンとの対決へ。

 ラスボス戦はボーナス戦闘みたいなもので、プログラム通りに自分を強化するラスボスをの物反鏡で跳ね返すだけ。
 銀ちゃんは、果敢にも攻撃してましたが、どうせなら葵も、どれくらいダメージ出せるか試しておけば、良かったと思います。

 こうして、出口のガーディアンを倒し、外に出た葵達、次は何が待っているのでしょう。

今回獲得経験点 2365点
現在経験点 8000点(NEXT9261点) 
今回獲得マッカ 2365マッカ

獲得アイテム アメジスト ディストーン 魔反鏡

獲得悪魔カード キングフロスト

葵の属性  ライト評価 ダイスはまだ振ってません。

 ちなみに、次回は私がGMです。どんなシナリオにしたものか? まずは、魔王が実質不在になったので、代理魔王を決めるとかですかね。

次話:「少年は人間のジェノサイドを止めるため奔走するようです

にほんブログ村
*ランキング参加中です 
 

「少年は憧れの先生と離れ離れになるようです」

[キャンペーン] 投稿日時:2014/12/04(木) 21:23

 11/23のTRPGBOXで、メガテン200Xのキャンペーンを始めました。今回は第一回のまとめです。

 自キャラである葵主観なので、細かいところで私の勘違いがあったりするかもしれません。

<キャラクター>
「小鳥遊・葵(たかなし・あおい)」式神使い→格闘家 男 17歳
 ごく普通の少年、教育実習生としてやってきたジェーン先生が好き。一応、式神使いの一族か何かかもしれない。

「マーキュリー・ランプ」弓術家→エアマスター 女 16歳
 葵のいとこ、葵は彼女のことを「水銀」と呼ぶが、「マーキュリー」と訂正されないのは、マーキュリーランプが日本語で「水銀燈」という意味だからだと思う。

NPC
「ジェーン・モンタギュー」??? 女 21歳
 教育実習生として葵たちの学校にやってきたイギリス人女性。古いアンティークなどに興味あり

「金髪の少年」
 葵に「君は悪魔になる」と予言した謎の少年

「車椅子の老人」
 アンティークショップの店主

「スカアハ」
 

あらすじ
 家族と街で買い物中に、普通の少年である葵は、あこがれの先生がアンティーク店の店先で何かを見ているのを見つける。

葵:「先生ー 何を見てるんですかー!」
ジェーン:「(葵の手を引いて店内に入る)私たち、カップルでーす!」
葵:「え?」
車いすの老人:「今日は、カップルデーじゃからカップルでないと入店できん決まりなのじゃ」
 
 唐突な展開に戸惑うも、先生が見ていたアンティークの小物(ペア・マガタマ)を欲しそうにしていたので、葵は先生の気を引こうと無理してそのアンティークを買う。(40マッカ、日本円で4万円)
 これが先生の印象を良くしたようで、その後、喫茶店でお茶をすることになる。

 ところが、葵がデレデレしながら先生(+水銀)とお茶をしていると、PC達のいる商店街の上空に魔法陣が現れ、そこから現れた何かが
「選別をはじめよう」
 と宣言する。

 その瞬間、人々はあるものは苦しみだし、あるいは塩の柱に変わっていった。葵の目の前では、両親が無残に塩の柱に変貌していく
葵の父:「葵、逃げ・・・・・」塩化したためセリフが途切れる
葵:「うわあぁぁぁぁぁぁーーーーー!!!!」
 葵はあまりのショックに気絶した。

 気が付くと、葵と水銀は、窓に鉄格子付があり出入り口のドアも電子ロックのつけられた病院に収容されていた。
 葵は左頬に、水銀は瞳の中に謎の紋章が刻まれていた。(GM説明では魔法陣だったけど、個人的にアバタールチューナーのアートマのがいいなと思ったので、私のはアートマということで)
 水銀によると、選別の激痛に耐えた彼女は、ジェーン先生がどこかに転送され、その後、商店街の上空に現れた魔王は、槍を持った女神(スカアハ)によって、撃退されたという。

 病院で実質軟禁状態にされている二人の所に、スカアハ似の自衛官がやってくる。
 その自衛官によると魔方陣の出現によって、
・異界に転送された者
・塩の柱になった者(葵、顔をしかめる)
・身体の何処かに、徴印が刻まれた者
 
 の三種類の人間がいるらしい。徴印を刻まれたPC達には、協力をお願いされる。
 悩んだ末、協力する事にした葵は、その日から奇妙な夢を見るようになる

 最初の夢は、異界で先生が、魔王に従わされて戦っている夢だった。
 夢は葵だけでなく、水銀や他の人間も同じ夢を見ていたらしい。

 次の夢は、先生が魔王を後ろから刺し殺す夢だった。

 魔王を倒したのなら、先生も帰ってこれるだろうと思っていたが、先生は戻ってこない。
 それどころか、寂しそうにしている先生に、何も出来ない葵。
 先生のいる異界では、人間達が先生と他の異界に転送された人間達と戦争を始めていた。

 何も出来ないもどかしさに苦しむ葵は、いつものように夢を見る。今日も、先生は人間たちと戦っていた。

 だが、今日はいつもと違い、夢の中で先生は人間に追い詰められ、人間の勇者が放った槍に串刺しにされるのだった。

葵:「先生!」

  先生を助けたいと葵が強く願った瞬間、なんと葵と水銀は先生の前にいた。(水銀、思いきり巻き添えである)
 
201411232253_1-300x0.jpg

 ジェーン:「助けに来てくれたのね。ありがとう」

 というわけで戦闘です。(ダブルオー:葵 水銀:水銀燈 グールの駒は邪気ウェンディゴの代用品です)
 
201411232253_2-300x0.jpg
 
 問答無用で攻撃しようとしてくる人間達相手に戦闘開始。(葵:「待て、話せばわかる」と言ってみたものの無駄でした)
 そこそこにダメージが出せそうな水銀に対して、私は今はサポートタイプなので、ウェンディゴを召喚してフォッグブレス放ったり、アナライズで敵データを解析。
 苦しいながらもなんとか勝利できました。(命運を使い込んでいた二戦目がきつかった)
 さて、訳も分からず人間たちを撃退したものの、先生の身体を貫く槍は引き抜く事が出来ず、更に人間の増援が迫ってくる。

ジェーン:「逃げて」
葵:「先生を置いて逃げるなんてできません。こうなれば最後まで戦って・・・」

 壁に磔にされた先生の槍を抜こうとするが、どうしても抜けない
  どうしようかと悩んでいると、なんと先生は自分で自分の首を切り落とした。

先生:「これで動きやすくなったわね」

 人としてそれでいいのかとは思いつつ、とにかく先生の首を左手に、水銀の手を右手にとり、出口に向かおうとする。
 その時、先生が魔法を唱えた。

先生:「トラフーリ!」

 さて、トラフーリで逃げた先は?
 そして、これからどうなるんでしょう?
 次回が楽しみです。

 
S1「少年は憧れの先生の(首が)離れ離れになるようです」

獲得経験点 
現在経験点 5635
NEXT経験点 5832

獲得マッカ 2181マッカ

獲得アイテム アメジスト

葵の属性 ライト 0→9

「成長予定」
 今回の経験値で17レベルになったので、マッパーをソウルリンクに入れ替え、これで仲魔が強くなります。
 あとは、メディアが使える悪魔をなんとか手に入れたいところ。  それと素手で戦うつもりが、人修羅でも武器は持てるみたいなので、鉄拳パンチを消力に入れ替え直ししたいです。

次話「少年は意外な場所に迷い込んだようです」

にほんブログ村
*ランキング参加中です

「渚の街に鳴るサイレン」

[FARCE] 投稿日時:2014/06/29(日) 07:11

 FARCEの六月定例会(6/11)で、ひさびさにメガテン200XのGMをしてきました。

~キャラクター~

「神無真一」サマナー→ドクター

「新田政司」剣士 サクセサー

「祀桜美羽」超能力者 巫女

「真芝健太」ジャーナリスト アウトサイダー

あらすじ
 とある町で、「海のほうにある廃病院で幽霊が出る」という噂が広まる。
 退魔組織クズノハの依頼で、PCたちは廃病院の調査をすることに。この廃病院の医師が、悪魔召喚を行っており、自分の召喚力以上の悪魔を呼び出したことで幽霊騒ぎが起こっていた。
 最後は、邪龍ワームと戦い、事件を解決。

 前日の夜の23時ごろ、定例会のGMが誰もいなそうな雰囲気を察して、急きょGMすることにしたセッション。ひねりもなんにもありません。
 ただ、メガテン200Xの良いところは、PCより10レベル上の敵を出しておけば、戦闘がそれなりに盛り上がるので、楽しんでもらえたとは思います。(毎回通じる手じゃないけど)


檻|・ ×・)\ GMより今はプレイヤーやりたい。

にほんブログ村
*ランキング参加中です

ハウスルールのメガテン200Xを遊ぶ

投稿日時:2013/03/24(日) 21:05

 今回は、仲神龍人氏のオリジナルにアレンジしたメガテン200Xを遊んできました。通常の200Xのレギュで事前作成しておいてOKと言われたのに、当日、かなりのアレンジが入っていることがわかり、自キャラはあーでもないこーでもないと作り直す羽目に。
 
 具体的に、どのように変わったかというと、まず、クラスは大幅に削減。クラススタイル(武器格闘・素手格闘・召喚・魔界魔法など)のみに変更。覚醒段階に応じてクラスを選ぶのは、オリジナルと同じです。(写真はそのリスト。ちょっと写りが悪い。そろそろ、こういうのを掲載するためにスキャナーとか欲しい。)
201303242141_1-300x0.jpg


 素手格闘・武器格闘のリスト。
 スキルを覚えるタイミングは、闇プロ2.0と同じ。ただし、このルールではリストにある自分のレベルの範囲のスキルを自由に獲得する形になります。魔界魔法では、10レベルまでのリストにすでにガードキルが入っているし、回復魔法もメディアが入っている。
 ただし、気をつけないといけないのは、レベルがあがると、欄が横に移動し、低いレベルで獲得できたスキルが取れなくなる。たとえば、武器格闘で10レベルまでに気合を習得しないと、13レベルから20レベルの欄には気合は入っていないので、気合を覚えられなくなる。(例外は、50レベル以上に成長したキャラ。50レベルを超えると、自分のクラスのスキルは全リストから習得可能になるとのこと)

201303242141_2-300x0.jpg


 GM的には、剣士が強すぎるので弱体化させ、代わりに魔法強化させたかったとのこと。さて、できあがったのが下記のキャラクターたちです。


沖・総士朗(武器格闘・素手格闘)
 今回のキャラ。16歳の高校生。T市のとある学園の生徒だが、剣士としての実力を買われ、退魔組織クズノハに属することになる。この世界では、悪魔の存在が人々に知られているほどGPが上がっており、学園を守ることに使命感を燃やしている。
 ちなみに、魔晶剣はサクセサー系でなくても持ってよいとのことなので、一分の活泉のある素手格闘にしてみたが、やはりサクセサーがないといろいろ困ることが発覚。あと、今回は全般的に出目悪し。

霊夢(低下・回復)
 巫女その1.神宮の宮系巫女。財力とか物品調達に関するコネも持っていて、とても有能。

芝村(強化×2)
 普段は古物商を営む66歳のじいさん。彼の店の地下には、ルイ・サイファーのいる祭壇がある。たぶん、ここに巫女を連れて行くと「東京受胎」とか起きる。

無道美雪(魔界魔法・疾風系)
 巫女その2。アマテラス系巫女。10年ぐらいまえ遊んでいた覚醒編のキャラと同じ名前なので、なにかちょっと懐かしい。




201303242141_3-300x0.jpg


セッションダイジェスト
 PCたちは、T市M区に封印されていたツチグモの封印が破られたので、封印から解かれたツチグモを退治することを命じられる。
 最初の情報収集で、ツチグモのデータがわかったので、あれこれ対策を練ることに。

沖:「うちの魔晶剣、属性火炎だから、なんかBS系のデータを持つデビル狩りに行こう。(笑)」
霊夢:「ラスボスは、バットステータス無効ですよ?」
重い沈黙
沖:「そもそも、サクセサーじゃないからカードハントできないじゃん! これはGMの陰謀だ!(笑)」*GMは、「ハニア散る!」のGMと同じ人だけど、ほんと、「助言が全く役立たない」と思う。
霊夢:「トランキライザー買いに行くんで欲しい人は、マッカを私に預けてくださいー」
沖:「(霊夢にマッカを預けながら)俺は、ちょっとでも青春を楽しみたいんで、自分の通ってる学園に行って来ます」
霊夢:「それ・・・死にフら・・・・」

 自分の通っている学園に行く沖。お目当ては、ちょっと気になっている図書委員のメガネの女の子だ。

図書委員の女の子:「どうしたの?沖クン?」
沖:「ちょっと、厄介な事を頼まれちゃってね」
図書委員の女の子:「危ないなら、沖クンが無理することないんじゃない?」
沖:「でも、僕はこの学園に残された平和を守りたいんだ」*悪魔はすでに一般人も知っていて、あまりいい状況じゃない設定。
ここにはいない霊夢:「それ・・・死にフら・・・・・」

 沖の名前を覚えられているという幸先のいい展開だが、ここで運判定。(ちなみに、沖の運は割り振りだから最低の1しかなく、会話判定値は22%である)

沖:「(ころころ)ぎゃー! ファンブル?」
 このあと、沖が目当ての図書委員のメガネの女の子は、先輩の女子生徒に呼ばれ、図書室の奥でキャハハっウッフしてました。

*ちなみに、このころ、芝村のじいさまは、自分の店の地下にある祭殿で、ルイ閣下(老婆バージョン)に謁見しておりました。

 一回目の情報収集を終えて、集まるPCたち、ツチグモの封印されていた場所には神社があるので、そこを調べて巫女さんと出会って、という妄想展開を考えるも、時間的な制約と会話判定22%な時点で「ツチグモ戦に有利なアイテム」が入手できる可能性はないと考え、ツチグモと戦いに行くことになる。



ツチグモ戦
戦闘中の記録 今回は11ターンかかりました。
201303282120_1-300x0.jpg


拡大したもの。ターンごとに、誰が何をしたかメモしてます。空欄になってるところは、ルールブックの確認か何かをしていて、他の人の行動を聞きそびれていた部分。
201303282120_2-300x0.jpg

 本来、ツチグモは27レベルの悪魔ですが、今回は封印から解かれたばかりで、弱体化していたので、17レベルのツチグモでした。情報収集に時間をかけてると、敵もどんどん力を取り戻していくという裏フラグがあった模様。
 それにしてもこの戦闘、ファンブルか普通命中しかだせなかったのに、なぜか、最後のドロップ品判定で、貴重品「斬馬刀」を入手する沖君。(本来のレベルより低いので、貴重品のランクも下がってる)

 ツチグモを倒すと、PCたちの背後に、子供と気を失った女性の気配がした。子供は、すぐに姿を消した。女性のほうは、西日本からさらわれてきた巫女で、ツチグモの生贄にされようとしていたようだった。しばらく、関東にいることになる。


エピローグ

霊夢と美雪
 それぞれ、自分の管轄の神社に報告、比較的、普通に終わる。

芝村
 さっそく、地下の祭殿に行く。コミュの上昇判定で2d10で20を出す。(MAX値) そのため、他プレイヤーから「獅子身中の虫」「実はラスボスになる展開」などとさんざんに突込みが入る。


 図書委員のメガネの女の子と話すのとツチグモの生贄になるのを助けた巫女とどっちと話したい?といわれ、西日本の巫女と話すを選択、コミュがどれくらい上昇したかの判定で2d10で4を出す。最後までロクでもない出目である。


感想
 オリジナルの200Xは、クラスが多すぎるということで、だいぶコンパクトにまとめられたルールでしたが、初心者が遊ぶにはだいぶわかりやすい反面、ルールに慣れていると、「剣士」「フェンサー」「グラディエーター」「ダナーンの騎士」の違いがないのは面白みにかけるなと感じました。 

 それと、今回は「魔界魔法」と「ガンスリンガー」の相対的な強化だったにもかかわらず、肝心の魔界魔法使いのPCが「疾風系ガル(剣属性)」を選択していたので、剣士のほうがダメージを出してしまう結果となりました。剣属性に強いツチグモなので、ダメージを半減させられる。(そもそも、剣に弱い属性の悪魔なんてレアだと思う。一方で、剣士は魔晶剣で相性が火炎になっている。あと、200Xって、物理防御と魔法防御が大抵同じなので、魔法の威力が低くても結果的に大ダメージは多く与えているってのがない)
* 仮に魔界魔法使いの持っている魔法が敵にとって強い属性でなかったとしたら、平均60点のダメージ。魔道書の契約があるから、ダメージは素通し、剣士は気合で2ターンに一度150点前後のダメージでしたから、防御点を引くと100点前後。相性さえよければ、魔界魔法のほうがダメージを出してたことになります。

 あと、サクセサーでなくても魔晶変化武器が使えるルールなのに、魔界魔法使いが「魔晶杖」を持っていないのもあると思います。(魔法威力の底上げが出来なかった。PCもデータを見るのに追われて、気がつかなかったと思われ。私もゲーム中は自分の剣に入れる悪魔データを探すのに意識が行っていたし)*覚醒編だと悪魔使いはまるで使い物にならないけど、200Xは悪魔の力に頼るかどうかがダメージのポイントだと思う。

 それと、最大のダメージを出すPCに敵を合わせると、他PCが活躍できないなというのを感じました。(もともと考えていた黒魔道士サマナーで遊んでいたら、たぶん、何も出来ずに不満だけ抱える結果になったと思います)
«前へ

<< 2017年8月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31