大きくする 標準 小さくする

「ウォーハンマーRPG」 2018/11

「護衛の仕事だけのはずなのに」

投稿日時:2018/11/18(日) 09:31

 2018年8月26日のTRPGBOXのセッション。

 今回は6月のウォーハンマー「戦争は終わった」の続きです。

<キャラクター>
・「オルザド」ドワーフ 流れ者
・「アメンデル」エルフ 盗賊
・「ディーター」人間 扇動家
・「ガロン・ガリル」ドワーフ 盾砕き→軍曹

<NPC>
・「グスタフ」
 旅の商人。PC達を雇う。「縄で縛られて」に登場した骨拾いだが、同じキャラクターの人間が一人もいないため、みんな初対面。

あらすじ
 「売春宿」を乗っ取ったPCたちは、ついでに入手した宝石「デーモンの目」の処分についてやいのやいの言い合い、時間を無駄遣い、もとい楽しくやっていた。
 そこに旅商人のグスタフがやってきて、商売のために近くの村に行きたいので、PC達を護衛に雇いたいという。しかし、あんまり乗り気でないPC達。しかし、最終的にはこの仕事を受けることになる。(前回が、ファイター系のキャリアのPCがあまり活躍できなかったので、戦闘系のシナリオにしたら裏目に出た。いっそ、デーモンの目の影響で、混沌変異とか起こしたほうが面白かったかもしれない)

 ようやく依頼を受けてくれたPC達は、グスタフの荷馬車でミドンヘイムの周辺の村へ。ミドンヘイムが包囲された代わりに、周辺の村では破壊を免れた村があり、そこから食料を調達するらしい。
 ただ、周りには「混沌の嵐」の残党がいたりして危険。(というか、どの道、いつでも危険)案の定、途中の村はグリーンスキンのコボルトに占拠されていた。
 荷馬車がなければ迂回するのだが、それが出来ないので戦闘に。なお、この戦闘で、ディーターが扇動家の自分がなぜ、戦っているのか。人生に悩みだす。
 

 村はグリーンスキンの攻撃で全滅。かろうじて、納屋に隠れていた少女だけは救出。その後、目的地の村に到着。
 この村でディーターは、見知らぬ女性から「ああ、あなた! 帰ってきてくっれたのね!」と突然、抱き着かれる。どうも、ディーターが行方不明になった婚約者とそっくりらしい。この女性、今は別の男性と結婚してるらしく、その夫に呼び出される。

 この夫、郊外に呼び出したかと思うと化け物(ラットオウガ)を呼び寄せて、PC達を亡き者にしようとしてきた。前半で思った以上に時間を食いつぶし、後半が駆け足になりましたが、この夫、妻とディーターそっくりの男が付き合っているのを横恋慕、ディーターそっくりの男を殺して川に流し、まんまと結婚。しかし、ディーターがやってきたことで「まさか生きていたのか?」と再び殺害をすることを決意。
 そんな事情を知らないディーターは、扇動家であることを悩んでるところに、人違いで殺されそうになり、さらに精神的に追い詰めたかもしれません。(笑)

 この戦闘が終わったところで、時間的にも厳しくなりセッション終了。最初の「デーモンの目」を巡るやりとりが長すぎた。
 本当は、もう一つ、グリーンスキンに襲われた少女にまつわるミニシナリオがあったのですが未消化でした。

にほんブログ村
 

<< 2018年11月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログテーマ