大きくする 標準 小さくする

「ウォーハンマーRPG」 2012/8

rss

ウルリックの成長1

投稿日時:2012/08/14(火) 22:37

ウルリックのプロフィール

武技42(5%) 射技38 筋32 頑35 敏34 知29 志33 協34

攻2(+1) 耐11 筋+3 頑+3 移4 魔1 狂0 運3

*数値の後ろの括弧は、経験点による上昇分

基本技能
大酒のみ 崖のぼり 水泳 世間話 船こぎ(*セッション中、「ボクは帆船の航海士だから船こぎ技能なんてないんですよ。と言ってましたが、ただの書き忘れでした。海兵が船こぎ持ってたので、敵に乗り込む下っ端だから、海兵は船こぎ持ってって当然だよな。下っ端海兵ザマァw。と低レベルな優越感に浸っていましたが、バカはウルリックのほうでした)

上級技能
言語:ライクシュピール 常識:エンパイア 言語:ノーシャ 航海術 常識:荒ヶ原 打撃回避

異能
生来の戦士 魔法耐性 剣の舞 ケンカ慣れ 旅慣れ

今回の経験点は300なので、プロフィールは以下のように成長させます。

武技42→47(10%) 筋力35→40(5%) 異能:強打

これで、筋力ダメージボーナスが+4 さらに強打の異能取得で+1 合計ダメージボーナスが+5になります。

 最終的には「船長」を目指そうと思っているので、最短は「掌帆長」ですが、乗る船もないのに掌帆長になるのもおかしいので、状況を見ながら、ちょこちょこ、ほかのキャリアでスキルの取得する方向で。船長になるには船舶も手に入れないといけないし、大商人か大貴族に取り入るかもしれません。(オレ、いつか「提督」って呼ばれるようになるんだ←ウルリック、それ、死にフラグ・・・・)
 とりあえずは、海兵かな? でも、あえてペテン師に向かい、各種スキルを充実させるのも手かも。いかさま師でとれる「策士」とか欲しいし。このルートでも密偵→探検家で船長にいける。
 あと、船長になるために必要な船の入手について、「幽霊船」の噂を探して、幽霊を退治し、その幽霊船を自分の船にしようかとおもいます。

「グレタんと素敵な仲間たち」ウルリック1

投稿日時:2012/08/14(火) 22:35

 これは、船乗りウルリックが、乗船していた軍船が憎むべき混沌の略奪船に撃沈され、母港である港町マリエンブルグに帰還するまでの苦難に満ちた旅路の物語である。

*この記録は、ウルリックの視点で書いています。

今回のメンバー

ウルリック
 私のキャラ、人間の船乗り。赤毛、20歳。港町マリエンブルグの生まれで、帝国海軍の「荒鷲号」の船員だったが、混沌の神コーンの旗を掲げた混沌の略奪船との戦闘の結果、荒鷲号は撃沈される。その後、味方の船に救助されるが、マリエンブルグに帰還する途中、間違って船を降りてしまい、徒歩でマリエンブルグへの帰還を余儀なくされる。

ビアンカ
 女傭兵、言葉の語尾に「~さね」とつける。商船に便乗して、別の土地に向かう途中(混沌の嵐後、敗走する混沌軍を追撃する部隊に合流するため、キスレブにでも向かっていたのかも)、混沌の略奪船に襲撃され、捕虜となる。

グレタ
 ハーフリングの女遺跡荒らし。ビアンカと同じ船に乗り、船の金庫から盗みを働こうとしていたらしい。グレタのお宝情報は、大抵、こんなのばっかりだ。NPC

 混沌の略奪船に捕まったグレタと素敵な仲間たちは、とある港で船を降りる。軍艦に余計な人間を乗せていては、任務の邪魔になるので、とっとと降りろ、ということらしい。グレタとビアンカは、ここで降りても差し支えないが、この港がマリエンブルグと勘違いしたウルリックは、うっかり、船を降りてしまう。次の船に配属してもらうために、海軍司令部を探すウルリックだが、そんなものは、この港にはない。というか、町並みも、マリエンブルグと違う。
 降りてはいけない港で降りてしまったことにウルリックが気がついたのは、自分を助けてくれた味方の軍艦が、桟橋を結構離れた距離にまで行ってしまってからだった。

ウルリック:「乗せてくださ~い!!!」

 結局、おいてけぼりを食らうウルリック。酒場でヤケ酒を始める。それを見たグレタは、賭けをはじめ、ビアンカがそれに一口乗る。そして、ウルリックは大酒飲みテストに失敗、一方、ビアンカは賭博の判定に成功したので、金貨9枚という大金を得る。

 この様子をみていたある男が、何を思ったか、我々を雇う。彼の目には、酒に強そうなウルリックを使って、体よく酒場で金を巻き上げていたように見え、頭が切れると思ったらしい。いまさらだけど、この時点で、まったく、人を見る目がない人だったね!

 酒場で声をかけてきたのは、ある貴族の執事で、貴族の娘が、がらの悪い奴らと駆け落ちしてしまったので、取り返してほしいというもの。よくある話ですね。TRPG的には、プレイヤーが娘に同情してしまって、娘を逃がす展開になってしまうという、とても金にならなそうな・・・・そして、ウォーハンマー的には、娘が混沌変異していて、報酬がやっぱり貰えなそうな。ウォーハンマーのほうが、たちが悪いのは、病気を貰ったり、混沌変異を貰ったり、狂気点とか貰っちゃったりするところですね。

 
 ちなみに報酬の件でこんな話がありました。

GM:「ウォーハンマーの報酬って、どれぐらいが相場なんだ?」

ウルリック(のPLとして):「さあ? でも、どうせ、ウォーハンマー世界の住民なんて、指を折らないと数も数えられないんだし、両手両足の指の数以上の報酬を与えれば、いいんじゃない?」

GM:「よし、じゃあ、報酬として銀貨400枚を出そう!(笑)」


 町で情報収集を行い、娘がとらわれているらしい町外れの丘に向かう。ちなみに、このシナリオ、「略奪品の貯蔵庫」に収録のシナリオで、私も知っているシナリオ(去年のウォーハンマーお試しセッション、今回、一応、細部は違うみたいだったけど)だったので、イヤだなぁと思いつつ、町外れの丘に向かいます。

  一段高くなった丘と、腰より上ぐらいの下生えの生えた雑草の生い茂った土地に、なにやら、四体の動くもの影が現れます。ウルリックは接近して攻撃、ビアンカはクロスボウで射撃、グレタは接近戦をするには危険な能力値で、かつ前金も何も貰えなかったから、射撃武器なしなので、待機。(グレタには、あとでボーラぐらい買わせとこう。ちなみに、キャラシーは私が持ってる)

201208150107_1-300x0.jpg

 今回は出目がさえていて、ウルリックは「ウルリックの憤怒」を二回もだし、二匹の謎の敵を倒しました。(あとで、常識:エンパイア判定で、スケイブンだとわかる)
 もう一匹をビアンカが仕留めると、最後の一匹は、丘のほうに後退し、そこにあるらしい穴倉に消えました。穴倉のところに待機していたのか、それとも最後の一匹がもともとそうだったのか、最後の一匹は、探していた貴族の娘でした。(なんか、GMがぼそぼそいってたけど、まあ、あまり係わり合いになりたくないですね)

ウルリック:「えー、それは放って置きたいなぁ」

 もともと金にならなそうなのは承知していたんですが、ビアンカがうまく立ち回り、銀貨200枚の報酬を獲得。それと、ウルリックの憤怒により戦闘に活躍したウルリックは、「助けに着たのに捕まった間抜けな船乗り」という汚名を返上し、マリエンブルグへの旅を続けることになりました。

今回の経験点:300点

今回の報酬:銀貨400枚

今回得たアイテム:20ヤードのロープ、ランタン、火口箱(借りておいたのを、どさくさにまぎれて返さなかった)

補記
 次回は隊商の護衛に「売剣」として雇ってもらって、ちまちま小遣い稼ぎしておこうと思います。(今回はともかく、次回からは本編のシナリオ報酬が確実にもらえるとも限らないし)

<< 2012年8月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログテーマ