大きくする 標準 小さくする

「ウォーハンマーRPG」

<<前へ

「戦争は終わった」

投稿日時:2018/08/14(火) 18:28

 2018年6月24日のTRPGBOX

 今回は今年1月に行った「縄で縛られて」の続きのつもりだったものの、プレイヤーは一人を除いて全員新しいプレーヤーで、前回参加の一人もキャラを変えての参加なので、完全な新規プレイになりました。
 まあ、どの道、前回のセッションで良い事なんてなかったんだけどね。

<キャラクター>
・「オルザド」ドワーフ 流れ者
・「アメンデル」エルフ 盗賊
・「ディーター」人間 扇動家
・「マグナス」人間 漁師
 ウロボロスのマグナス。皇帝の血を引いているとかなんとか、GMのセッションメモにはそういう記述がある。(真偽不明、自分でも読めない字で書いてある)
 
<NPC>
・「ゲルハルト」人間 野営追行者
 傭兵部隊「流血戦闘団」の兵站を担う野営追行者。ミドンヘイム包囲戦で流血戦闘団が全滅したのをいいことに、補給品をがめた。

・「アレイン」エルフ 女
 難民の娘をさらうPCたち(ただし成功したのは一人のみ)に、「破廉恥な男どもめ」と乗り込んできたエルフ。彼女自身、故郷の森を焼かれて住むところを失ったキスバンド戦士でもある。

・「姫」女
 マグナスに声を掛けてきた日光が嫌いな姫。

<あらすじ>
 混沌の嵐において、ミドンヘイムは敵に囲まれ籠城戦を余儀なくされた。都市の住人は生き残るため、誰もかれもが防衛部隊に組み込まれた。
 その苦しい戦いを生き延びたPCたちは、ゲルハルトにただ飯を食わせてもらって、その日暮らしをしていた。しかし、ある日のこと、ゲルハルトはPCたちに向かってこう言った。

ゲルハルト:「このまま、日々、ダラダラ過ごしてもじり貧だ。商売でも始めようかと思う。お前ら、難民キャンプにに行って、腹をすかせた娘っ子を何人か、連れてきな」

 この日のために、ゲルハルトはPCたちにタダ飯(マズい行軍用保存食)を食わせていたのだが、恩義という言葉を知らないPCたちは、全く動こうとしなかった。(笑)
 ゲルハルトがガメた食料が減っていく事を説明すると、ようやくしぶしぶとPCたちは重い腰を上げた。ダメだこいつら・・・・

 街に散らばるPCたち、ディーターはシグマー教団の魔狩人が混沌の火あぶりをしている場面に出くわす。それを見ていたウルリック教の司祭が眉をひそめるのに同調し、信頼を得る。(ウルリック教団との初歩のコネクションを得る)
 アメンデルは、薬売りのおばあさんからカラフルな色の薬(毒にも薬にもならないペテン水、人体に有害でないだけマシ)を購入。ついでに、かなり綺麗な娘を連れ帰ることに成功する。
 マグナスは、日当たりのよくない場所で道を馬車にふさがれ、中から降りてきた「姫」に忠誠を誓わされる。(逃げたらほぼ即死、前回の蜘蛛といい相変わず選択権のないシナリオである)
 オルザドは・・・・何してたっけ?(確か、イベントが空ぶって、特に何もなかった)

 アメンデルがイベント表で一番美しい娘(容貌の特徴を振っていない。今回のイベント表では出会う娘はほとんどふたつも特徴を持っている)を連れ帰ったものの、それ以上の美人の「姫」を連れ帰ったマグナスに注目が集まる。
 かつ、この姫様、自らの名前を「カタリーナ」とすら名乗るので、さらにPC達に動揺が走った。(カタリーナという名前は、ミドンヘイムの領主「選帝候トッドブリンガー伯爵」の娘と同じ名前。伯爵は次期皇帝の座を狙っており、カタリーナはミドンヘイム住民に「皇女」と呼ばれている)

 カタリーナ姫の衝撃がすごすぎて、翌日、エルフのキスバンド戦士アレインがアメンデルがさらった娘を取り戻しに来るが、存在を忘れられたかのごとく、なんのトラブルもなく連れ帰っていった。
 このアレインが、街中で絡まれている場面がありオルザドが鉢合わせるが、「エルフとドワーフの中は悪い」というロールプレイをきっちりとやってくれ、そのまま放置されかける。主にGMの目覚めが悪くなりそうなので、PC達を助太刀のために強引に登場させるが、このパーティー戦闘力ないですね。チンピラから装備巻き上げさせるつもりだったのに、逆に返り討ちになりかけました。油断禁物(GMが)

 その後、「姫」の力で、ゲルハルトのぼろ屋よりはマシな「売春宿」をPC達は乗っとる。怪しげな宝石「デーモンの目」がその売春宿にはあったが、猫に小判状態でセッション終了。マグナスの頭の中では、この際「姫」を利用してミドンヘイムを乗っ取るとか、そういうことまで計画が進んでいる模様。(真偽不明)

<反省>
 初期作成は、どんなキャラになるかわからないので、善人路線でも悪人路線でもいけるようにシナリオを作ったものの、プレーヤーが何をしていいかわからず混乱もあった様子。(特に後半、「姫」の力でごり押しできるので、PCが自分で何もしなくていいのでセッションがダレました)
 あと、ディーターのプレーヤーさんから「続けるの?」と言われ、自分でも続けるつもりで始めたものの、どこに向かうか考えてなかったことに気が付き、少し冷静になりました。
 ウォーハンマーは、キャリアが豊富で魅力的ですが、どういう物語を作っていくかはきちんと考えていかないとだめですね。
 
にほんブログ村
*ランキング参加中です
 

「縄で縛られて」

投稿日時:2018/01/21(日) 08:36

 2018年1月7日に三楽堂さんで行ったTRPGセッション。

<キャラクター>
「ビアンカ」人間 女 料金番
 スターランドの農村出身の料金番。スターランドの料金番がなぜ混沌の嵐に巻き込まれたか理由を考えないといけないが、どうしたものか。故郷で料金番という山賊の餌食になるよりは、軍隊に参加したほうがまだしもマシだったのだろうか。(いや、どう見てもどっちもどっちだ)

「ヤバンディル」エルフ 男 狩人
 ローレローンの森出身のエルフ。混沌の嵐では同胞のエルフを救うための義勇兵として参加。キスバンド戦士を目指すらしい。

「ハインツ」人間 男 エスタリア剣士
 エスタリアから冒険を求めてやってきた剣士。


あらすじ<ひどい冒険のはじまり>
 料金番のビアンカ、エルフの狩人ヤバンディル、そしてエスタリア剣士のハインツはそれぞれ混沌の嵐を迎撃するための兵士や義勇兵として、あるいは冒険を求めてエンパイアの北部地方オストランドにやってきた。
 そして現在、敵の捕虜になり縄で縛られて移動している最中である。
 彼らを捕えた戦士の一団の話す言葉は一行の中でわかるものもなく、彼らが何者でどこに連れていかれようとしているのかは、全くわからない。だが、どの道、ロクなものでもないことはわかりきっているので、密かにナイフを隠し持ち、逃げる機会を伺っていた。
 さんざん歩かされて日も暮れたので、破壊された村で野宿することになる。と、そこへ森の奥から巨大蜘蛛「ジャイアントスパイダー」が何匹も襲ってきた。応戦し始める人さらいたち。PCたちは、このスキに逃げられるのだが、装備を取り戻す判定に挑む。(ジャイアントスパイダーは恐怖誘発を持っているので、意志判定も成功しないと動けないやっかいな敵、案の定、みんな恐怖で動けなくなって行動を阻害される)
 一応、ジャイアントスパイダーがただものではないことを示すために、人さらいの戦士がジャイアントスパイダーの四回攻撃で倒れる演出をしてるんだけど勇気あるなこの人たち。(ジャイアントスパイダーは「暴れ者」「族長」という敵専用キャリアでパワーアップしてました。初心者に容赦ないウォーハンマー世界)

 命からがら逃げだしたPCたち。方角がわからないので「足跡」か「方向感覚」で判定だ。持ってない? それでは道に迷いました。おや、また、ジャイアントスパイダーが現れたよ。(初心者に容赦ないGM)
 またしても恐怖誘発がPCの足を引っ張り、ヤバンディルがひん死の重傷を負う。GM、使うことはないと思っていた予備のキャラシート「墓守り」のキャラクターシートを意識し始める。

 その後、PCたちは森の中で明かりを灯す怪しい家を発見する。中にいたのは老婆。
「こんな婆、混沌どもも相手にしないようだねぇ」
 PCたちが敵対行動をとらなかったので、老婆はウォーハンマー名物「臭い湿布薬」でヤバンディルの治療を開始する。(ちなみに、これでヤバンディルが回復したHPは「1」、婆さん腕が鈍ってるらしい)

 さらに森を徘徊するPCたち、今度は子供だけが生き残った村に辿り着く。鍋から「人の手」っぽいものが出ていたり、子供の目が闇に光ったり、やばさを感じてPC逃走。このあたりから、ビアンカ(のプレイヤー)の言動がおかしなことに。旅商人で今は骨拾いをしている「グスタフ」という商人と出会うと、「追いはぎしましょうか?」などと物騒なことを言いだす。だいぶ、ウォーハンマー世界に順応、もとい厳しさを理解してきてもらえたようだ。

 さて、シナリオもいよいよクライマックス。ようやく街道に出たPCたちは、道なりに歩けば都市にたどり着けるというところまで来た。
 しかし、最後に橋の上で橋の両端からビーストスキンに襲われる。初期作成ゆえに攻撃は思うように当たらないものの、一人の犠牲者も出さずに全員、無事に生還することが出来た。

・報酬 グスタフからのお礼金 10金貨
*一晩ぐらいは宿で垢を落とし、暖かい食事を食べ、必要な装備を購入可能な報酬。この冒険ではグッドエンドでしょう。なお、ひどい場合は道中拾った装備から病気や混沌を貰う。などがありました。

・経験点 100点
*これだけの冒険をしても得られるのはたった100点の経験点。正直、クトゥルフでだって一つのシナリオが終わると結構、成長できるのにあまりにも少ないですね。
 今回はあえて、ルールに忠実にやってみましたが、次も遊びたいと言われてるので、次からはもう少し多めに出しても(でも、ウォーハンマーらしさがなくならない程度で)いいかなと思っています。

にほんブログ村
*ランキング参加中です

「混沌の嵐が過ぎて」

投稿日時:2017/12/23(土) 20:23

 12月17日に三楽堂さんで行った「TRPG顔合わせ」会で作成して貰ったウォーハンマーのキャラクターです。

「ビアンカ」人間 女 料金番
 スターランドの農村出身の料金番。スターランドの料金番がなぜ混沌の嵐に巻き込まれたか理由を考えないといけないが、どうしたものか。故郷で料金番という山賊の餌食になるよりは、軍隊に参加したほうがまだしもマシだったのだろうか。(いや、どう見てもどっちもどっちだ)

「ヤバンディル」エルフ 男 狩人
 ローレローンの森出身のエルフ。混沌の嵐では同胞のエルフを救うための義勇兵として参加。キスバンド戦士を目指すらしい。

 新春1月7日にこのキャラクターでウォーハンマーを遊ぶ予定です。二人しかいない? いや、ウォーハンマーならどうにでもなるだろう。(とんでもないゲームだな。ウォーハンマー)

→本セッション「縄で縛られて

にほんブログ村
*ランキング参加中です

「レッツゴー!アルトドルフ!皇帝と毒入りワイン」

[FARCE] 投稿日時:2017/04/16(日) 18:18

 2017年3月のFARCE定例会。今回はウォーハンマーです。

レギュレーション 経験点4000点 転職に必要な装備は取得して良し。(ただし、一部は条件を満たしたというだけで実際には所持を認めないものもあり。たとえば、隊長の部下10人とか)

<キャラクター>
「ルディガー・フォン・ロンザード」人間
 料金番→為政者→大貴族

「ユビテル」エルフ
 学生→見習い魔術師→中堅魔術師

「バルディン」ドワーフ
 ルーン伝令→見習いルーンスミス→中堅ルーンスミス

<あらすじ>
 ルディガー、ユビテル、バルディンは、混沌の嵐の残党狩りをしていた。
 ある日のこと、ルディガーは伯父でオストマルクを治めるヴォルフラム・ヘルトヴィヒ選帝侯に呼び出される。
 ヴォルフラムは、ルディガーに「ミドンヘイムに行って、ボリス・トッドブリンガー卿の娘といい仲になるか、アルトドルフに行って皇帝と仲良くなり一緒に貴腐ワイン(毒入り)を飲む仲になって」と持ち掛ける。
 ルディガーは悩んだ挙句、アルトドルフに行くことにする。

 いくら大貴族とはいえ、アルトドルフでいきなり皇帝と仲良くなれるわけでもなく、宮廷に出入りしたりして皇帝に近寄って行く間にいろいろ事件を起こそうと思ったものの、4000点の経験点での成長に思った以上に時間がかかりすぎ、アルトドルフに着いてちょっとロールしただけで、いい時間になりゲーム終了。(アドリブで回せるほど、ネタもなかった)

 4000点の経験点といえば、上級クラスをひとつ満了する程度で、そんなに色んなクラスを満了できるわけではないことがわかりました。
 あと、時間がかかる。
 せっかくのテーブルトークなんだから、やはり、遊ぶほうをメインにしたいですよね。(この日、キャラメイク完了は16時半でした。これはさすがに)

にほんブログ村
*ランキング参加中です

「混沌の種まき」

投稿日時:2015/10/25(日) 09:19

 5/4、TRPGBOXの番外編でウォーハンマーを遊んできました。
 このセッション、当初は独立した話にするつもりでしたが、過去のブログを漁っていたら、当時、ミニキャンペーンをやろうと思っていたのを思い出し、ちょうど、前回のPCも一名参加することから、3年越しのミニキャンペーンの続きということになりました。(前話「混沌胎動」

<キャラクター>
「ブラックエッジ」ハーフリング 30歳 男 兵士
 ハーフリングの兵士。ものすごい勢いでスリングを装填し、1ラウンドに2回射撃する。ハーフリングとかコミカルなキャラをやるつもりかと思ったら、主戦力でした。

「アルジャン」エルフ 50歳 男 キスバンド戦士
 

「バラシュリア」エルフ 65歳 男 見習い魔術師
 立派な魔術師になることを志すエルフの見習い魔術師。エルフなんで、人前で魔法を使うというのがわかってない。

「ジークフリード・ローゼンミュラー」人間 17歳 男 従者
 ブレトニア人の騎士見習い。無事にブレトニアに帰還できるのだろうか。まだ、先は長い。

<NPC>
「レジーナ」人間 女 17歳 骨拾い

『第一話』
 冷たい雨が降っていた。小さな小屋の中に、五人の人物が雨宿りしていた。ハーフリングの兵士ブラックエッジ、エルフのキスバンド戦士アルジャン、同じくエルフの見習い魔術師パラシュリア、人間の従者ジークフリート、そして人間の骨拾いのレジーナである。
  雨宿りしていた一行だが、そこにビーストマンが押し入ってきた。なんとかそのビーストマンを撃退するが、周囲には他にもビーストマンがいるようだ。
 仕方なく森をさ迷う事になる。
 途中、ビーストマンの小集団と戦いながら、なんとか森を抜け、街道巡視員に保護され、無事にグリミンハーゲンにたどり着く。

『第二話』
 グリミンハーゲンの入口では、足税の徴収が行われていた。

料金番:「かわいいワンちゃんだね。足が四本だから24ペニーだ」

 犬からも税を取る恐怖の足税。この街にやってくる荷馬車にも当然この税がかかるから、グリミンハーゲンでは物価が上昇していた。
 レジーナがミドンヘイムに行こうと言い出したので、みんなでミドンヘイムに行くことに。(たぶん、嬉々として税金を取り立てるGMに辟易した)
 途中、巨大蜘蛛に襲われる馬車を救出、馬車に乗っていたのは、グリミンハーゲンの支配者である貴族の息子。しかし、嫌みで尊大な振る舞いをするわけでもなく、命を救われた事に礼を言い、謝礼とミドンヘイムまでの護衛を申し入れられる。(その謝礼は、もとなと言えば、グリミンハーゲンの高い税金なのだが)
 残りの道中は、特に危険もなく一行は、ミドンヘイムにたどり着いた。

『第三話』
  ミドンヘイムに到着する頃には、転職条件が揃ってきたので、次のキャリアを考え始める一行。装備を整えるため街に繰り出す。

 パラシュリアと何名かは魔導書を探したりと、次のキャリアに必要な買い物に出掛けると、チンピラに絡まれている若者がいたので助ける。
 助けられた若者は、お礼に一杯と言うので酒場に行くことに。酔いが回ってくると、若者がうまい話があると持ちかけてきた。
 若者は倉庫番なのだが、混沌の嵐で援軍にやってきたブレトニア遠征軍が購入した食料が、倉庫に眠っているとの事。これを猫ババして、売りさばこうと考えているのだが、今の場所から動かしたいので手伝って欲しいという話だった。
 ウォーハンマーらしいちょいと悪い企みに、パラシュリア達はちょっと乗り気に。
 しかしそこに、ブレトニアのジークフリートと名乗る男が、荷物を取りにきたと仲間が血相を変えて伝えにきた。

 その人物の特徴を聞いたり、ジークフリート本人に聞いたり、どうやら、ジークの偽物らしい。

 ジークの偽物は何者なのか、荷物を受け取りに来たところを捕まえて白状させる作戦に。
 捕まえた男が言うには、彼は混沌の教団の一員で彼の上役であるアコライト(教侍祭)の命令でやったという。

 混沌を放置は出来ないので、彼らのアジトに乗り込む。
 そこにいたのは意外な人物。以前、グリミンハーゲンでジークが会ったことのあるオットーだった。

オットー:「 ヨハンは芋の種を蒔こうとしていたけど、なーんと僕は混沌の種を蒔こうとしていたというわけさあ」

 あの時(『混沌胎動』)、ヨハンが混沌の化物になったのも彼の仕業らしい。
 もともと彼は、騎士サー・ギルバート・ド・アルラー(ジークフリートが使えていた騎士)に仕えていたものの、ギルバートが倒されたため(『エンパイアを侵略するでゲソ』)、ギルバートが率いていた混沌教団(ナーグル)を引き継ぎ、グリミンハーゲンでの事件を引き起こしていた。(ナーグルの混沌=病気の元を、人間たちにまん延させようとしていた。ヨハンで実験はうまくいったので、ギルバートから聞いていたブレトニア軍の食料を使って、混沌を広める計画を実行しようとしていた)

 オットー許すまじとラスボス戦に突入ー

 オットーは悪魔の召喚という賭けに出るが、これが成功。
 一人キャラぐらい殺せるかとGM期待するものの、数の暴力がまかり通るウォーハンマー。最後は数で押しきられた。

 こうして、放置していたセッションを数年ぶりに遊んでみて、伏線も回収して、無事にセッション終了。

 PCたちは、今度はレジーナがアルトドルフに向かうというので(ちゃっかり密輸商人に転職してる)、故郷を目指すジークと共に南へと旅立っていくのでした。

 そういえば、だいたいの過去シナリオのネタは拾ったけど、イカ姉妹だけは回収できなかったなぁ。オストランドで方面でも遊んでるし、あちらで何かさせようか。

にほんブログ村
*ランキング参加中です
 
«前へ

<< 2018年8月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログテーマ