大きくする 標準 小さくする

「ウォーハンマーRPG」

<<前へ
rss

「レッツゴー!アルトドルフ!皇帝と毒入りワイン」

[FARCE] 投稿日時:2017/04/16(日) 18:18

 2017年3月のFARCE定例会。今回はウォーハンマーです。

レギュレーション 経験点4000点 転職に必要な装備は取得して良し。(ただし、一部は条件を満たしたというだけで実際には所持を認めないものもあり。たとえば、隊長の部下10人とか)

<キャラクター>
「ルディガー・フォン・ロンザード」人間
 料金番→為政者→大貴族

「ユビテル」エルフ
 学生→見習い魔術師→中堅魔術師

「バルディン」ドワーフ
 ルーン伝令→見習いルーンスミス→中堅ルーンスミス

<あらすじ>
 ルディガー、ユビテル、バルディンは、混沌の嵐の残党狩りをしていた。
 ある日のこと、ルディガーは伯父でオストマルクを治めるヴォルフラム・ヘルトヴィヒ選帝侯に呼び出される。
 ヴォルフラムは、ルディガーに「ミドンヘイムに行って、ボリス・トッドブリンガー卿の娘といい仲になるか、アルトドルフに行って皇帝と仲良くなり一緒に貴腐ワイン(毒入り)を飲む仲になって」と持ち掛ける。
 ルディガーは悩んだ挙句、アルトドルフに行くことにする。

 いくら大貴族とはいえ、アルトドルフでいきなり皇帝と仲良くなれるわけでもなく、宮廷に出入りしたりして皇帝に近寄って行く間にいろいろ事件を起こそうと思ったものの、4000点の経験点での成長に思った以上に時間がかかりすぎ、アルトドルフに着いてちょっとロールしただけで、いい時間になりゲーム終了。(アドリブで回せるほど、ネタもなかった)

 4000点の経験点といえば、上級クラスをひとつ満了する程度で、そんなに色んなクラスを満了できるわけではないことがわかりました。
 あと、時間がかかる。
 せっかくのテーブルトークなんだから、やはり、遊ぶほうをメインにしたいですよね。(この日、キャラメイク完了は16時半でした。これはさすがに)

にほんブログ村
*ランキング参加中です

「混沌の種まき」

投稿日時:2015/10/25(日) 09:19

 5/4、TRPGBOXの番外編でウォーハンマーを遊んできました。
 このセッション、当初は独立した話にするつもりでしたが、過去のブログを漁っていたら、当時、ミニキャンペーンをやろうと思っていたのを思い出し、ちょうど、前回のPCも一名参加することから、3年越しのミニキャンペーンの続きということになりました。(前話「混沌胎動」

<キャラクター>
「ブラックエッジ」ハーフリング 30歳 男 兵士
 ハーフリングの兵士。ものすごい勢いでスリングを装填し、1ラウンドに2回射撃する。ハーフリングとかコミカルなキャラをやるつもりかと思ったら、主戦力でした。

「アルジャン」エルフ 50歳 男 キスバンド戦士
 

「バラシュリア」エルフ 65歳 男 見習い魔術師
 立派な魔術師になることを志すエルフの見習い魔術師。エルフなんで、人前で魔法を使うというのがわかってない。

「ジークフリード・ローゼンミュラー」人間 17歳 男 従者
 ブレトニア人の騎士見習い。無事にブレトニアに帰還できるのだろうか。まだ、先は長い。

<NPC>
「レジーナ」人間 女 17歳 骨拾い

『第一話』
 冷たい雨が降っていた。小さな小屋の中に、五人の人物が雨宿りしていた。ハーフリングの兵士ブラックエッジ、エルフのキスバンド戦士アルジャン、同じくエルフの見習い魔術師パラシュリア、人間の従者ジークフリート、そして人間の骨拾いのレジーナである。
  雨宿りしていた一行だが、そこにビーストマンが押し入ってきた。なんとかそのビーストマンを撃退するが、周囲には他にもビーストマンがいるようだ。
 仕方なく森をさ迷う事になる。
 途中、ビーストマンの小集団と戦いながら、なんとか森を抜け、街道巡視員に保護され、無事にグリミンハーゲンにたどり着く。

『第二話』
 グリミンハーゲンの入口では、足税の徴収が行われていた。

料金番:「かわいいワンちゃんだね。足が四本だから24ペニーだ」

 犬からも税を取る恐怖の足税。この街にやってくる荷馬車にも当然この税がかかるから、グリミンハーゲンでは物価が上昇していた。
 レジーナがミドンヘイムに行こうと言い出したので、みんなでミドンヘイムに行くことに。(たぶん、嬉々として税金を取り立てるGMに辟易した)
 途中、巨大蜘蛛に襲われる馬車を救出、馬車に乗っていたのは、グリミンハーゲンの支配者である貴族の息子。しかし、嫌みで尊大な振る舞いをするわけでもなく、命を救われた事に礼を言い、謝礼とミドンヘイムまでの護衛を申し入れられる。(その謝礼は、もとなと言えば、グリミンハーゲンの高い税金なのだが)
 残りの道中は、特に危険もなく一行は、ミドンヘイムにたどり着いた。

『第三話』
  ミドンヘイムに到着する頃には、転職条件が揃ってきたので、次のキャリアを考え始める一行。装備を整えるため街に繰り出す。

 パラシュリアと何名かは魔導書を探したりと、次のキャリアに必要な買い物に出掛けると、チンピラに絡まれている若者がいたので助ける。
 助けられた若者は、お礼に一杯と言うので酒場に行くことに。酔いが回ってくると、若者がうまい話があると持ちかけてきた。
 若者は倉庫番なのだが、混沌の嵐で援軍にやってきたブレトニア遠征軍が購入した食料が、倉庫に眠っているとの事。これを猫ババして、売りさばこうと考えているのだが、今の場所から動かしたいので手伝って欲しいという話だった。
 ウォーハンマーらしいちょいと悪い企みに、パラシュリア達はちょっと乗り気に。
 しかしそこに、ブレトニアのジークフリートと名乗る男が、荷物を取りにきたと仲間が血相を変えて伝えにきた。

 その人物の特徴を聞いたり、ジークフリート本人に聞いたり、どうやら、ジークの偽物らしい。

 ジークの偽物は何者なのか、荷物を受け取りに来たところを捕まえて白状させる作戦に。
 捕まえた男が言うには、彼は混沌の教団の一員で彼の上役であるアコライト(教侍祭)の命令でやったという。

 混沌を放置は出来ないので、彼らのアジトに乗り込む。
 そこにいたのは意外な人物。以前、グリミンハーゲンでジークが会ったことのあるオットーだった。

オットー:「 ヨハンは芋の種を蒔こうとしていたけど、なーんと僕は混沌の種を蒔こうとしていたというわけさあ」

 あの時(『混沌胎動』)、ヨハンが混沌の化物になったのも彼の仕業らしい。
 もともと彼は、騎士サー・ギルバート・ド・アルラー(ジークフリートが使えていた騎士)に仕えていたものの、ギルバートが倒されたため(『エンパイアを侵略するでゲソ』)、ギルバートが率いていた混沌教団(ナーグル)を引き継ぎ、グリミンハーゲンでの事件を引き起こしていた。(ナーグルの混沌=病気の元を、人間たちにまん延させようとしていた。ヨハンで実験はうまくいったので、ギルバートから聞いていたブレトニア軍の食料を使って、混沌を広める計画を実行しようとしていた)

 オットー許すまじとラスボス戦に突入ー

 オットーは悪魔の召喚という賭けに出るが、これが成功。
 一人キャラぐらい殺せるかとGM期待するものの、数の暴力がまかり通るウォーハンマー。最後は数で押しきられた。

 こうして、放置していたセッションを数年ぶりに遊んでみて、伏線も回収して、無事にセッション終了。

 PCたちは、今度はレジーナがアルトドルフに向かうというので(ちゃっかり密輸商人に転職してる)、故郷を目指すジークと共に南へと旅立っていくのでした。

 そういえば、だいたいの過去シナリオのネタは拾ったけど、イカ姉妹だけは回収できなかったなぁ。オストランドで方面でも遊んでるし、あちらで何かさせようか。

にほんブログ村
*ランキング参加中です
 

「オストランドの三人組」

[FARCE] 投稿日時:2015/08/12(水) 07:03

 8月9日のFARCE定例会で「ウォーハンマー」のGMしてきました。

<キャラクター>
「ウルリック」人間 男 兵士 18歳
 オストマルクからやってきた人間の兵士。

「ポケット」ハーフリング 男 野辺巡視員 24歳
 ムートランド生まれのハーフリング。ハーフリングは混沌耐性を持っているが、毒には弱い模様。

「ゴットフリート」人間 男 チンピラ 24歳
 オストランド生まれのチンピラ。

<NPC>
「アルフリーダ」人間 女
 金髪碧眼のシャリア神官と見せかけて実はスラーネッシュの信徒。なぜか、プレイヤーたちに人気が高い。

「ハート」人間 男 ギルド頭領
 闇市を取り仕切る犯罪貴族。名前を呼ぶときは「ハート様」と呼ばれる。衆道者。


<あらすじ>
 舞台は混沌の嵐が撃退された直後のオストランド。
  オストマルク出身で、所属舞台が壊滅した兵士のウルリック。ムートランドの野辺巡視員でオストランドに派遣されていたハーフリングのポケット、そして故郷の村を破壊されたオストランド人のチンピラであるゴットフリート達は、街道で出会い徒党を組んだ旅を共にする事にした。

  混沌の嵐は撃退したとはいえ、まだまだ危険なこの地方。早速、三匹のビーストマンが襲ってくる。
  この戦闘で、ウルリックがビーストマンから受けたウルリックの憤怒(ややこしい)で、瀕死の重症を負う。  他のゲームなら、回復魔法で回復して終わりだが、オールドワールドには、臭い湿布薬しかなく、この三人はそれすら持っていない。

  そんな三人の前に、癒しの女神シャリアの神殿が目に入った。(棒読み)

 ウルリックは、美しい金髪碧眼のシャリアの女司祭アルフリーダに傷を癒して貰う。一方、ポケットとゴットフリートは神殿の老人に、お茶に睡眠薬を盛られる。

 なんと、このシャリア神殿は混沌の四神の一柱であるスラーネッシュの信徒に占拠されていたのだ。(棒読み)

 老人に縛り上げられ、地下室に転がされるポケットとゴットフリート。
 そこに、ウルリックと全裸のアルフリーダがやってきた。
 ウルリックは、意識がはっきりしないのか朦朧とした状態だった。そこへ老人が刃物を渡し、アルフリーダがポケットとゴットフリートを刺しなさいと耳元で囁く。
 しかし、ウルリックは自分に掛けられていた術に抵抗し、仲間ではなく老人のほうを刺した。
 刺された老人は、急速に混沌変異し、足が巨大化、全身が堅い革状に、そして左右に角の生えた化け物に変身する。(刺しただけで、ここまで急速に混沌変異するなんて、この刃物やばくない? というか、ウルリック、この刃物どうした?)
 恐怖チェックをひたすら幸運点をつぎ込んでクリアし、変異が安定せずまごまごしている老人を無視して脱出、アルフリーダが火を放ったのか、煙が充満しているので、自分の荷物を掴んで外に逃げる。三人が最後に見たのは、燃え落ちるシャリア神殿に押し潰される混沌の化け物となった老人の姿だった。

 一体、何がしたかったんだ? アルフリーダちゃん。

  スラーネッシュ信徒の魔の手を逃れた三人は、ヴァンベルグの街に到着。かつては一万人の人口を誇ったオストランドの大都市も、混沌の嵐による破壊と略奪により、今は見る影もない。
  美味しいパイとか美味しいスープなど、散財イベントをはねのけ、何か儲け話はないかと、ゴットフリートは闇市を仕切るギルド首領のハート様に会う。(北斗の拳が違和感無さすぎ)
  側近によると、ハート様は美少年が好みらしいので、美少年を献上すれば、なにかいい情報をくれるかもしれないとの事。ゴットフリート、ウルリックの身を売るか悩む。
  結局、別ルートで入手した砦の廃虚に行くことになったのだが、次のキャリアに必要な装備どころか、ガラクタしか見つからなかった。
  やっぱりウルリックの身を売るか悩むゴットフリートの背中を押すように、ハート様の側近が眠り薬を差し入れてきたので、ついにゴットフリートは決意して薬を盛る事にした。

 ゴットフリートは、ウルリックとポケットのお茶に睡眠薬を盛る。ポケットが判定に失敗し寝る。ウルリックは、ゴットフリートの行動が怪しいので、察知判定を要求し、薬を盛られていることに気が付く。
 ウルリックが、ゴットフリートを問い詰めようとするところへハート様の側近がやってきて、「ハーフリングでもお喜びになるだろう」とポケットを連れていこうとするので、ウルリックがついて行くことに。(ここで止めればよかったのに)
 
 結局、三人はハート様のいる天幕までやってきた。ウルリックとポケットが、ハート様の待つ天幕の中に入っていき、ゴットフリートは外で待機。
 ウルリックは、天幕の中に入ると「俺の仲間に何をする」とハート様に鉄砲を突き付ける。一方そのころ、ゴットフリートは側近から金貨300枚を貰っていた。(いい情報を貰うはずが、完全に仲間を売る流れに)
 ハート様の叫び声に、人が集まってきて騒ぎになってしまったので、三人は逃走。ゴットフリートは、名実ともに生まれ故郷のオストランドに居られなくなりました。
 おしまい、ひどい話もあったもんだ。プレイヤーのみなさん、すみませんでした。
 
<その後のPCたち>
・ウルリック 次のキャリア「軍曹」に進む予定 

・ポケット 次のキャリア「吸血鬼狩人」に進む予定 彼がなぜ吸血鬼狩人になろうとしたかは不明。

・ゴットフリート 次のキャリア「未定」 ゆすり屋に進む予定だったが、「負傷治療」の技能獲得のため「尋問者」になるらしい。*負傷治療を持ってる次のキャリアが「尋問者」だった模様。ちょっとルールブックが何を言ってるのか分からない。

 ゴットフリートがオストランドに居られなくなったので、当面はウルリックの故郷、オストマルクに向かうんでしょうね。また、遊ぶ機会があったら、彼らの旅の続きを遊んでみたいと思います。(その前に、私もウォーハンマーのPLやりたいんだけど。次のキャリアに進んだことがないんですよね)

にほんブログ村
*ランキング参加中です

スケイブン名前表(不完全版)

投稿日時:2013/10/24(木) 21:04

 ひさびさに自分のmixiの日記を読み返してみたら、昔の日記に「スケイブン名前表」なるものを見つけたので、公開することにしました。(当時は、ウォーハンマーの会話に付き合える人がmixiにしかいなかったので)

 さあ、これでスケイブンセッションが捗るよ! みんなも小汚いねずみどもの世界を存分に楽しんでくれたまえ!!
 
「 スケイブン名前表」

 1. クルット(略奪品の貯蔵庫より)
 2. スラード(    〃    )
 3. サンカール(オールドワールドの生物誌)
 4. ナルシフト(     〃      )
 5. ブロイクット(     〃      )
 6. リッキティティック(     〃     )
 7. アキトヴェール(     〃      )
 8. ホールイン(スケイブンの書)
 9. ティチット(   〃   )
 10.スニキッチ(   〃   )
 11.スクリーリン・チュルンチック(   〃   )

\|・マ・|ノ:「ウォーハンマーはd10のゲームなのに、表には11個あるけど、そこはティーンチ様にお祈りでもして(ついでにKUZUプレイヤーも生贄に捧げて)、結果を捻じ曲げてもらってくれ!」

にほんブログ村
*ランキング参加中です

ウォーハンマーミニキャンペーン第一回「混沌胎動」

投稿日時:2012/09/16(日) 19:42

  この前のセッション「エンパイアを侵略するでゲソ」

「今回のキャラ」

ジークフリート=ローゼンミュラー(人間 従者 17歳 男)
 6月セッションからの継続キャラ。実は経験点が他の人より100点多い。赤毛だが、銀河英雄伝説のキルヒアイスとは関係ない。

ミーネ(人間 盗賊 17歳 女)
 スターンハウアー準伯爵領の村娘だったが、混沌の進撃に対し、準伯爵が民兵を徴用、村の防御力を奪われ、故郷を失った。準伯爵に故郷を奪われた恨みを晴らすため、復讐のためにグリミンハーゲンへとやってきた。
 ちなみに、名前の元ネタは峰不二子らしい。たぶん、フルネームは、ミーネ=フージーコ。そのうちパンツ一枚の男が「フージーコちゃーん!」と襲ってくるに違いない。

ヴァルディック(ドワーフ 鉱夫 男)
 戦闘種族ドワーフの鉱夫、その脅威の攻撃力は、ジークフリートの存在をかすませるほど。でも、鉱夫なんで、戦闘種族ドワーフとしては、下級戦士ですらないのだから、恐るべきは戦闘種族ドワーフである。

 ミーネは復讐のため、ヴァルディックはなんとなく、グリミンハーゲンの街にやってきた。街の入り口では、魔狩人のリヒターという男が検問をやってきた。
 一方、ジークフリートは、シグマーの神殿でヘルマーという戦闘司祭に、主人ギルバートの形見となった湖の乙女の指輪の混沌汚染の浄化をしてもらっていた。

 かつてはビーストマンの首亭という名前だったが、今はビーストマンの襲撃時に看板をビーストマンに強奪された「看板なし亭」で、ジーク、ミーネ、ヴァルの三人は顔合わせする。
 そこへ、ミーネの住んでいた村人で、戦火を逃れたやせぎすのヨハンと太っちょのオットーと思わぬ再開。「みんなで村を再建しようぜ」と盛り上がる。

 その後、村で旅の物資を補給したりとか、三人でそれぞれ行動していると、近くの沼にグリーンスキンが現れたということで、三人に退治の依頼が出る。(*実際には、ここの依頼のシーンはうまく流せず、ごちゃごちゃしてしまいました)
 トロール、オーク、ゴブリンの集団を倒し、街に戻る三人。

 ところが、シグマー神殿に行くと、なんとヘルマー司祭が混沌に変異していた。ここでジークとミーネ恐慌テストに失敗。ヴァルだけ成功しているが、一人で戦うのは無謀と、あとからやってきた魔狩人リヒターと共闘して倒す。(戦闘は割愛)
 ヘルマー司祭が変異したのは、どうやら、ヨハンが原因らしい。
 ヨハンを探すミーネ。変異した足を自分で切り落としたヨハンを路地裏で見つける。

ヨハン:「死にたくねぇ。死にたくねぇよ」
ヨハン:「一緒に、村を再建して、ジャガイモを作りたかったなぁ。」
ヨハン:「も、オレは諦めるよ」
 
 ミーネに抱きしめられつつ、ヨハンはミーネに止めを刺された。

 ヨハンの死体は、ヘムナー司祭とともに、シグマー神殿ごと焼かれる。ヨハンと一緒に居たオットーは、いつの間にかグリミンハーゲンから姿を消した。看板なし亭の主人が言うには、オットーがデルベルツに行くような話しをしていたらしい。(村を再建するため盛り上がっていた翌日に、そんな話をしたのでおかしいと思った)
 ミーネはヨハンを追い、ジークはブレトニアへの帰り道なので、デルベルツに向かうことにした。

今回経験点300点(合計で800点 *初期作成200点含む)

金銭的報酬 グリーンスキン退治で金貨30枚 リヒターからの報酬で金貨12枚(ヨハンを殺したことによるもので、ミーネは受け取り拒否)

次話: 「混沌の種まき」
«前へ

<< 2017年8月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログテーマ