大きくする 標準 小さくする

「ソードワールド」

<<前へ

新米冒険者の登龍門ゴブリン退治「アレクラスト大陸で遊ぼう」

[FARCE] 投稿日時:2017/02/13(月) 21:11

 2017年最初のFARCE定例会で、ソードワールド(旧版)のGMをしてきました。

<キャラクター>
・アーカード 人間 男 ファイター2 セージ1
 成り上がり貴族で暗殺を請け負う家系らしい。(柳生一族みたいな?) なお、暗算のできないGMが間違って、必要筋力17打撃力23のバスタードソードを渡してしまう。(本来打撃力は22になるのを計算間違えた)

・クラリッサ 人間 女 シーフ1 ソーサラー1
 悪党生まれの女魔術師

・リュゼ=セントフィリア 人間 男 ファイター1 プリースト2(ファリス)
 傭兵生まれのファリス神官

・アレイド 人間 男 シャーマン1 ファイター1 レンジャー1
 呪い師生まれのシャーマン

<NPC>
・エリー
 冒険者の店「エリーのアトリエ」を経営する店主。

・黒槍(ブラックランサー)
 魔法の槍を持つレベルの高い戦士。


<あらすじ>
 シナリオはオーソドックスにゴブリン退治。新米冒険者が最初にやる仕事で初心に帰ろうと考えました。

 特にひねりは入れてませんが、PC達が迂闊に敵のワナに飛び込むように誘導するため、洞窟内に女性がゴブリンに襲われているように見えるかかしのワナを設置。
 アーカード、迂闊にひっかり、わらわらとゴブリンが出現。その数14体。
 ソードワールドでは、ファイターレベルが同じモンスターが五分の勝負と言われているので、1~2レベルのファイター&シーフ4名には14体のゴブリンはきつかったでしょうが、なんとか依頼を果たしてくれました。
 Farceで遊んでるといつも思うけど、支援魔法を使いこなす人が、全然いないんだよね。それでいつも殴りあいが長引く。

 まあ、しかし、キャラは新米でもプレイヤーはベテランの筈が、ゴブリンのため込んだ2000ガメルは見逃していましたね。
 他にも、ベテラン冒険者から、魔法の槍を盗むOR借りるとか、サブイベントを仕込んでおいたけど、割とスルーされた。(こっちはちょっと特殊展開だったかも)

 旧版もたまにはいいものです。ルルブが軽くて済む。(SW2.0のフルセットなんて、もはや凶器です)

にほんブログ村
*ランキング参加中です

「群青の海に」

投稿日時:2017/01/16(月) 21:07

 記録によると、2005年5月のセッションらしい。(場所は懐かしの船橋のVAです。)

登場人物
・ガストン ドワーフのマイリー神官戦士 海というか水が怖いらしい。
・クラウゼル・リバーフィールド(偽名) 記憶喪失の女ソーサラー
・シオン・ライディース 貴族生まれの戦士
・レイティス・ジェイスト チャザの神官 シーフでもある。
・ジュノー・ブランティア 虚弱体質のソーサラー
・ルーシェ・アレクシアトル 謎のバッソを持つ謎の人物

NPC
・エレリア 漂流船の唯一の生存者
・フィーン・オブライエン ファリスに仕えるアノスの女性神官戦士
・コルネオ PCたちを雇った商人。
・ヨシュア リュミーラ号船長
・ルドル リュミーラ号副船長

「あらすじ」
 オランからアノスへ向かうリュミーラ号の護衛に雇われるPCたち。途中で嵐に遭い、漂流船と遭遇するが、その乗員は全員が殺し合いの果てに死んでいた。どうやら唯一の生存者エレリアに秘密があるらしい。
 リュミーラ号の船員がエレリアの美しさに心奪われていく。また、ファリスの神官戦士のフィーンは、エレリアが魔物ではないかと疑っていた。ルーシェとシオンは別々に、フィーンがエレリアを魔物だからと言って、殺そうとするのは良くないと諭すが、事実を受け入れきれないフィーンはふさぎ込む。

 夕食後、元気のないフィーンを探しにPCたちは甲板にでるが、そこには半漁人ギルマンに捕らわれたフィーンの姿が。「ウタヒメ、ヨコセ。ウタヒメノウタ聞ク。ココロ、安ラグ」あっという間にギルマンの数は増え、船上の二匹の他にリュミーラ号を取り囲む。
 エレリアは、自分がギルマンを支配するために古代王国の魔術師が造りだした魔法生物であることを思い出す。(歌に聞き惚れさせて、そのままギルマンが死ぬまで歌を聞かせる)エレリアは、自分が犠牲になれば、みんなが助かるとギルマンの元に向かおうとするが、ルーシェの説得に思いとどまる。
 圧倒的な数の敵の前に、二人のソーサラーは、必死に魔法を駆使して、エレリアの幻影にギルマンを引きつけさせ、

 リュミーラ号は無事にギルマンの支配する海から脱出したのだった。

 ソードワールドにギルマンを出すとか、やんちゃなことしてる過去の私。記録に残すのに、マーマンに書き換えておこうかと思ったけど、オリジナルのままに書いておきます。

にほんブログ村
*ランキング参加中です
 

DSW第7回「ソーサラー少女は成長が遅い」

[DSW] 投稿日時:2017/01/16(月) 20:53

 DSWの第七回目のセッション。
 今回はゼストという名のヒュプノ・オクトパスハイブリット少女のソーサラーとして参加。ソーサラーで遊ぶのは、かれこれ、何年ぶりぐらいだろうか?(ロードス島戦記TRPGで、ソーサラー・シャーマン・プリーストの全魔法系統を習得可能な「ウィザード」という成長が恐ろしく遅いクラスを遊んだ記憶が懐かしい。ドラゴントゥースウォリアーが使えるようになったのは、涙ものだったっけ。
 今回は、4レベルソーサラーだったが、ジェノアへの借金で、竜の牙と「ドラゴントゥースウォリアー」のスクロールを入手。使えるかどうかはわからないけど、過去へのオマージュでもある)→その意味からすれば、ゼストにはソーサラーだけでなく、シャーマンとダークプリーストも習得させるべきだったか。自己満足だけど・・・・・

にほんブログ村
*ランキング参加中です

DSW第6回「冒険者ルージュの冒険」

[DSW] 投稿日時:2017/01/16(月) 20:51

 DSWの第6回です。

 PCたちは、ジェノアからの命令で「ルージュ」という名の闇の庭で生み出されたスプリガンの少女の抹殺命令を下される。
 ルージュは単独で任務を行っていたが、ある日、行方不明になった。任務を遂行中、命を落としたかと思われたが、タラントに潜入中の「影のギルドメンバー」から、ルージュが記憶を失って普通の冒険者となって活動しているという知らせが入る。
 たとえ、記憶を失っているとはいえ、「闇の庭」の成果である娘が、ジェノアの手を離れて生存している事は、敵対組織への「闇の庭」の技術が漏洩する可能性があった。
 知らせを受けたジェノアは、PCたちにルージュの抹殺指令を下す。

 今回のGMは、再び私(マコト)でした。

 プレイヤーたちは思う存分暴れたかったんだろうけど、私の好むシナリオは切ない話とかそういうのなので、ちょっと期待外れだったかも。

にほんブログ村
*ランキング参加中です

DSW第5回「スモールライブラリィを探せ・後編」ダークソードワールド

[DSW] 投稿日時:2015/09/21(月) 08:49

 前回「スモールライブラリィを探せ・前編」の続きで、スモールライブラリィの行方を追ってのリファール市街でのシティアドベンチャーです。

<キャラクター>*新規キャラは経験点16500点で作成。
「インビンシブル」ワーウルフ 20歳
 シーフ4 レンジャー2 シャーマン2 ダークプリースト(ファラリス)1
 私のキャラ

ガイドリックス=ペンパートン(人間 ソーサラー4 セージ2)
 新キャラ。なーんかゴロツキというイメージしかなくて、ソーサラーというイメージがまるでない。(というか、「酒買ってこい」といわれた記憶しかないような?)

ダリアン(ドワーフ ダークプリースト(ファラリス)5 ファイター3)
 ペルセウネのPLが、「ダークエルフだと情報収集しづらい」とのことでキャラチェンジ。功をあせって、作戦を無視したり、自分が召喚したインプに逆に操られていたりという面白キャラである。

ディック(人間 ダークプリースト(ファラリス)5 シーフ3 セージ レンジャー)
 前回捕まったはずだが、釈放されてPCに復帰。もっとも、「闇の牙」に尾行されてる可能性を考慮して、仲間との合流はかなり遅れた。

「雑魚」
ファンネル(インプ)ディックの新しいインプ

ニプ(インプ)ダリアンのインプ。コントロールインプで召喚されたはずだが、逆にニプのほうが、ダリアンを操っているように見える。

ガイア(インプ)ダリアンのインプ
オルテガ(インプ)ダリアンのインプ
マッシュ(インプ)ダリアンのインプ・・・・インプばっかじゃねぇか!
(っていうかね。てっきりコントロールインプかと思ってたら、ロードス島ワールドガイドに載ってる「サモン・インプ」なんですよね。ってことは、インビンシブルもあと1レベルで、インプ使いになれると)→そもそも、コントロールインプは、一体しか召喚できません。


<本編あらすじ>
 どうも、悪の側のPCというのは、正体の露見を恐れて、思うように情報収集できない。というわけで、エイミーを仲間に引き入れ、彼女に「スモールライブラリィ」のことを調べさせよう思ったのですが。
 当初、シャーマン3レベルだったはずのインビンシブルが、ダークプリーストをとってしまったばかりに、「チャーム」が使えないことに気がつく。うーん、どうやって、エイミーをこちら側に転向させるか考えた結果、まあ、こういう場合「手○め」にするのが妥当かと、GMに進言しました。(あまりよろしくないTRPGだなぁ)まあ、その結果、なんだ、受けすぎた・・・・・・・
 もーちょっと詳しくとGMに内容の説明を要求され、あまつさえ、ダリアンとペンパートンのPLの理性を、ちょっと、飛ばしてしまいました。(思うままにやりたい放題し始める)
 ダリアンとペンパートン、この二人はドレックノールから応援としてやってきたのだが、リファールのアジトに誰もいないので、勝手に食料と酒を漁って飲み会を始めてしまった。
 翌朝、インビンシブルが朝帰りすると、すっかり出来上がっているダリとペンパートンは、インビンシブルに酒を買って来いと要求。(女キャラでなくて良かったな。勢いで襲われてたかもしれん・・・・・)ちなみに、この夜から夜明けの間に、ペルセウネは逃亡。

 さて、地味にマディガンの元冒険者仲間「誇りを掴む者」たちの誰が「スモールライブラリィ」を持っているか、情報収集を開始しようと言う段階になったが、このころになると、エイミーを使ってズバリ確信をつこうという作戦は、ものの見事に頭から消えてなくなっている。(エイミーに「兄弟子が預けた危険なマジックアイテム、スモールライブラリィのことを知らないか?」と聞いて回らせれば、それで、この任務は成功したはずなんだけど・・・・・)
 我々は、まず「誇りを掴む者」の一人、ドワーフのバリルの家を家捜しして、その後に闇討ちを敢行。ここで、待ち伏せの最中に、功をあせったダリアンが、クロスボウを発射!
 結局、バリルがスモールライブラリィを持っていないので、次にラウリールとレイニーというシーフとシャーマンの夫妻(彼らは引退後「緑林亭」という料亭&宿を経営)を夜襲する計画を立てる。
 しかし、バリルの家を襲った晩に、マディガンと取引のあった商人ドレッドの屋敷が「闇の牙」に襲撃される。(前回、このドレッドを訪ねたところ、「主人は買い付けで出かけている。しばらく戻らない」とのことでノーマークだった。)ここで、ドレッドの自宅にスモールライブラリィがあれば任務失敗だが、探りを入れたところ、スモールライブラリィがあるという確証がなかったため、任務を続行。緑林亭を襲撃し、やはり、ここにもスモールライブラリィがないことがわかる。

 そして翌朝、「誇りを掴む者」の最後の一人、ファリスの聖戦士にして、リファールの騎士でもあるシャールの館が「闇の牙」に襲撃されたことがわかり、我々の任務は失敗という形で終了した。(獲得した経験点は500点と1ゾロ分、第4回と第5回をあわせると、インビンシブルは30点も獲得しているな)
 たぶん、この第5回がDSWで一番面白かった回でした。

次回:ダークソードワールド第6回「冒険者ルージュの冒険」

にほんブログ村
*ランキング参加中です
«前へ

<< 2019年12月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31