大きくする 標準 小さくする

「グランクレストRPG」 2015/9

「二人のロード」動乱のランフォード子爵領2

[キャンペーン] 投稿日時:2015/09/23(水) 09:12

 以前に遊んだ動乱のランフォード子爵領の続きを遊びました。(前話「領主の選択」

 しかし、今回はいろいろ詰め込み過ぎたせいか、だいぶgdgdになってしまいました。

<キャラクター・アヴァロン領>
・「リリアーナ・ピース・アヴァロン」ロード/パラディン
 アヴァロン領の領主 既婚 旦那の名はカイルロッド

・「ランスロット・ブリタニア」アーティスト/レイヤー・ヒロイック
 伝説の騎士のヒロイック

<キャラクター・カットナー騎士領>
・「ヨーゼフ・ブフナー」ロード/ルーラー
 カットナーの甥。剣術が上達せず悩んでいるところを、カットナーに戦術の教えを受け、ルーラーの道へと進んだ。

・「バレンタイン・オールラヴ」メイジ/サモナー
 カットナーに仕えるメイジ。

<あらすじ>
 カットナー騎士領を治める領主カットナーはランフォードを襲った疫病の混乱の最中に妻を失った。それにつけこんでパンドラのベネトナーシュは、カットナーの妻の妹になりすまし、カットナーの後妻に収まり、カットナー領を裏から牛耳る。
 乗っ取りは成功したかに見えたが、厄介払いのためにロードの地位を譲るので甥を探して来いという無理難題を出して放逐したはずのメイジは、カットナーの甥を連れて帰ってきた。

「アバロン側」
 クレア姫に会いに行く。宮廷では、傭兵団オブリビヨンがのさばっており、たまたまクレア姫に団長が絡んでいたのを、ランスロットが追い払う。
  姫への忠誠を再確認し、領地に戻る。

「カットナー側」
  カットナーは、甥のロード「ヨーゼフ」を探すようバレンタインに命じる。
 それは、後妻が後ろで糸を引く ていのいい厄介払いだったが、 バレンタインはヨーゼフを偶然見つけ出す。 カットナーは、ヨーゼフとバレンタインに、隣のアヴァロンに奪われた水利権を取り戻すよう命令を与えてきた。

以下、両勢力合流
 アヴァロン村の領内で、アヴァロン側とカットナー側のキャラクターが対峙する。カットナー側の持つ水利権をアヴァロン側が奪ったというのは、見方によっては事実で、実際のところ、疫病混乱期にカットナー側が見捨てた村を、リリアーナに地位を譲る前のロードであった祖父が保護したものであった。
 どちらにも言い分はあるだけに、両勢力は膠着状態になる。しかし、そこへ、カットナー側から魔物が現れ、それを撃退した直後に、カットナー騎士領は巨大な魔境へと変貌した。

話し合いの結果、アヴァロン側とカットナー側で共同して、魔境の解放に向かう。大軍を魔境に進軍させることはできないので、PCたちのみで魔境に進入し進撃路を探すことに。
 
 カットナー領は、かなり前からパンドラが入りこんでおり、カットナー領にのみ生える薬草を元に、麻薬を精製していたようだった。
 そんな魔境を潜り抜け、カットナーのいる城の手前までやってきたPCたちだが、そこで見たものは、どさくさに紛れて侵攻してきた隣領の軍団が、魔境に飲み込まれる姿だった。
 このままでは、彼らの軍も同じ目にあうと、魔境を再度探索し、沼の底に眠っていたオルガノンの戦艦の協力を得て、魔境の外からカットナーの城に兵士を送り込むことに成功し、カットナーとの決戦に挑む。
 カットナーはすでに死んでおり、パンドラに操られていた。今回の黒幕であるパンドラのベネトナーシュとアンデットとして操られるカットナーを倒し、カットナー領は解放される。
 カットナー領解放後、二人のロードは改めてクレア姫を主君と認め忠誠を誓う。
 
 クレア姫も、強力な後ろ盾を得たことと、ただ座しているだけでは平和は訪れないことを知り、ランフォード領に秩序をもたらすために戦うことを決意する。
 
 PC達には、騎士団長もしくは将軍の地位が与えられ、新たな戦いに備えることになった。

にほんブログ村
*ランキング参加中です
 

<< 2015年9月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30