大きくする 標準 小さくする

「ソードワールド2.0」 2019/4

「エリートゴブリンの襲撃 新米冒険者のゴブリン退治」

[ザルツ] 投稿日時:2019/04/14(日) 12:50

 2019年3月24日のTRPGBOX。
 これまでずっと高レベルの冒険をしてきましたが、新しい知り合いも出来たので一緒に遊べるように、初期作成からの新たな冒険のスタートです。

<キャラクター>
「ランティム」ナイトメア 男 年齢不明
・フェンサー3 スカウト1
 昔は貴族だったらしい二刀流のフェンサー。(他の経歴に告白されたことがある 有名人の友達がいる など)盾を装備し回避力をあげるなど、慎重さも持っている。私のキャラ。

「ワードナー・オレルアン」エルフ 121才
・ソーサラー2 セージ1
 自分そっくりな人物を知っている。神の声を聞いたことがある。盗まれた護符を取り戻す? などの経歴を持つエルフのソーサラー。人の名前を略して呼んだりする。

「キャサリン・マクミラン」人間 19才
・スカウト3 レンジャー1
 防具習熟・非金属と防具習熟・盾で防御点8点を持つスカウト。両親が冒険者だったので、なにかと「親がこう言っていた」などの話を持ち出す。家族に異種族がいる 同じ夢を見る 蘇る? などの経歴を持つ。

「ヤババルス三世」ルーンフォーク 26才
・マギティック2 シューター1 セージ1
 経歴に師匠と呼べる人がいる。(サンプルキャラ使用なので、MPがちょっと心もとないキャラ)

「あらすじ」
 PCたちは、ルキスラ帝国にある「シュノーヘンの街」にある冒険者の店「探求の旅立ち亭」(メモによると「栄光の旅立ち亭」とあり間違いかも知れません。2019/6追記)で知り合い、パーティーを結成する。(店の主人の名前はグリス(52才)、料理人ヘレナという妻がいる)
 さて、そんな新米向けの冒険の依頼と言えば、定番の「ゴブリン退治」。ちょうど、ジュンキ村の近辺でゴブリンがうろついているのが目撃され家畜ドロボウの被害を受けたので、村長のトムから退治してほしいという依頼が入り、その依頼を受けることに。
 早速、ジュンキ村まで出かけると、ゴブリンを見たという猟師のベンがすぐに案内するという。しかし、これからゴブリンのいるという洞窟に向かっても、ゴブリンたち蛮族の活動時間である夜になるので、一晩休んで翌日に向かうことに。この日は、ゴブリンの夜襲に備えて見張りを立てて、休むことに。
 ここまでの判断は良かったものの、ゴブリンの夜襲でランティムがダメージ決定のダイスで3連続ファンブルを出してしまい、戦闘は大苦戦に。(あまりの大苦戦に、あれはエリートのゴブリンだと、エリートゴブリンと命名)
 この先のゴブリン退治に、大いに不安を抱える結果になる。 

 翌日、ベンじいさんの案内でゴブリンを見たという洞窟に向かうことになる。途中、植物系のモンスターに襲われそうになるも、幸運にも存在を発見できたので回避することが出来(この時点でキャサリンは何かに気が付いていた模様)、ゴブリンのいる洞窟にたどり着く。
 洞窟の入り口には、二匹のゴブリンが見張りをしており、中に一体何匹のゴブリンがいるのか不安を感じさせる。ところが、意外にも、中から現れたボガードというゴブリンより上位の蛮族が、見張りをサボっているゴブリンを切り捨ててしまう。ボガードは連続攻撃という怖い攻撃手段を持っているが、一体だけなら仕留めたほうが良いと、攻撃を仕掛け、手早く倒す。

 改めて、洞窟内にと思ったところで、ベンじいさんが怪しいと思っていたキャサリンが、あれこれ質問をし、ベンじいさんがレッサーオーガという蛮族にすり変わっている事を看破した。(さすが、冒険者の娘。この他にも、ゴブリンの夜襲で盾をガンガン鳴らして敵の注意を引いたり、いろいろやっていた)
 ベンじいさんがレッサーオーガだったことを看破できなければ、前後挟み撃ちになっていた所を、先に気が付けたので、魔法使いを後衛に安全配置した状態で最後の戦闘に。敵にボガード二体とゴブリン一体が追加される。
 この戦闘では、キャサリンがスリープという魔法で眠り、ランティムも生死判定に追い込まれるほどダメージを受けるが、なんとか乗り切り無事に依頼を完了することが出来た。(蛮族達は、蛮族指令書というものを持っており、それによると、ジュンキ村の住人とすり替わり、さらには冒険者ともすり替わることで、シュノーヘンの街に潜入する計画を持っていた)

 最初の冒険を終えたパーティの一行は、グリスから「探求の旅立ち亭」の冒険者であることを証明する「剣を手に旅立つ少年」のエンブレムを手に入れた。
 
「今回の清算」
・経験点1310点(シナリオ分1000点 モンスター分310点) *プラス各自の1ゾロ分
・成長 1回
・報酬 500G(前払い分100G 後払い分400G)
・戦利品販売 267G(一人当たりの受取額)
・剣のかけら 4個→名誉点15点

 次回のGMは私が担当。プレイヤー達にキーワードを書いて貰い、それに沿ったシナリオを作る事に。ちなみにキーワードは、「スリープ」「ブラッディ・イン(ボードゲームの名前)」「デーモン」でした。

次の話「魔剣ブラッディ・インの迷宮