大きくする 標準 小さくする

「ソードワールド2.0」 2019/11

「遊牧民を追って」

[ザルツ] 投稿日時:2019/11/17(日) 17:20

 2019年10月のTRPGBOXその2

前回「空から女性が落ちてきたリテイク

<キャラクター>
「マチェル」エルフ 16才 男
・フェンサー5 プリースト(フェトル)4 スカウト3→4 コンジャラー1 マギティック1(NEW)
・魔法拡大・数 武器習熟・剣A マルチアクション
 貴族になりたいエルフ。イングリッド姫の攻略対象キャラだという自覚に混ざめる。(メタ視点)

「エリニュス」ヴァルキリー
・ファイター4→5 ライダー4 エンハンサー2 アルケミスト1 プリースト(シムルグ)2 ウォーリーダー2 レンジャー1
・全力攻撃 武器習熟A 頑強(NEW)

<NPC>
「イングリッド」ドワーフ
 クノッソス男爵領のご令嬢。何か血筋に秘密があるらしい。

「ダークナイト」
 魔動機文明のインテリジェンスアーマー
 
「オメガ・ハン」ドワーフ
 イングリッドの母方の祖父。ドワーフ遊牧民の王。魔動バイク乗り。

<あらすじ>
 無事、クノッソス領に到着したことで、イングリッドを無事に帰還させたことでささやかな宴会が開かれる。
 バルコニーで涼むマチェルに、イングリッドが「遊牧民の指輪」を渡す。イングリッドの攻略対象キャラだという自覚に目覚めるマチェル。(周囲に花びらエフェクトを飛ばしながら、なんかセリフ言った。プレイヤーは覚えてない)

 一方エリニュスは、ダークナイトからこの地にある空中都市マチュピチュについての話を聞いた。魔動機文明の実験都市で、蛮族との戦いでは最後は魔将に突撃した。これから向かう遊牧民はその末裔。マチュピチュはまだ存在するが、前後の文脈からするとどうも制御不能で彷徨ってるらしい。

 翌日、またイングリッドがさらわれないように、母方の祖父であるドワーフ遊牧民のところまで送るために出発する。(もともと、そういう話だったし)
 高原には、落雷のあとがあり、遠くに積乱雲が見えた。あの積乱雲からの落雷を避けるため、遊牧民はいつも移動しているらしい。
 途中、空から降ってきたドゥームと戦闘になったりするも、無事、ドワーフ遊牧民に合流する。これでひとまずは安心と、マチェルとエリニュスはシュノーヘンに戻ることになった。

第6.2回の清算
・経験点 2600点(シナリオ2500点 モンスター経験点100点)
・成長 1回
・報酬 3160G(依頼報酬3000G 戦利品一人当たり160G)
・名誉点 30点 セッション参加キャラには「ハンの顔見知り」

これまでの合計(リビルド・キャラロスト時の参考用)
・追加経験点 16190点 プラス各自の1ゾロ分
・成長 9回
・追加所持金 21029G
・名誉点 141点

次の話

「空から女性が落ちてきたリテイク」

[ザルツ] 投稿日時:2019/11/04(月) 20:14

 2019年10月のセッション。先月のセッションはオープニングだけだったので、結局、状況の説明をすることを考えると、最初からやり直したほうがわかりやすいということになり、もう一度、最初からやり直すことに。

 前回「空から女性が落ちてきた

今回のレギュレーション
・追加経験点 11050点(プラス各自の1ゾロ分)
・成長 7回
・追加所持金 14769G
・名誉点 81点

<キャラクター>
「マチェル」エルフ 16才 男
・フェンサー5 プリースト(フェトル)4 スカウト3 コンジャラー1
・魔法拡大・数 武器習熟・剣A マルチアクション
 貴族になりたいエルフ。お酢を作って屋台で売ったり商売とかもしている。

「エリニュス」ヴァルキリー
・ファイター4 ライダー4 エンハンサー2 アルケミスト1 プリースト(シムルグ)2 ウォーリーダー2 レンジャー1
 ヴァルキリーのライダー。騎獣をホースからウォーホースに乗り換えた。

<NPC>
「イングリッド」ドワーフ
 空から落ちてきた女性。

「ダークナイト・インペリアルガード・リミットカットヴァージョン」
 インテリジェンスアーマー。通称「ダークナイト」

「ムッス」
 謎の敵

<あらすじ>
 遥かな空の上、空を行く魔動戦艦の上で二人の黒騎士が激しく斬りあいをしていた。両者は互角の腕前のようだが、徐々に片方が劣勢となり、舷側に追い詰められていく。
 と、そこへ雲の隙間から二隻目の魔動戦艦が現れ、二人が戦う船へ向けて砲撃を行ってきた。
 そのはずみで、舷側に追い詰められていた黒騎士は船から転げ落ち、遥か地上に向けて落下していってしまった。

 マチェルとエリニュスは、冒険者の宿に持ち込まれた依頼をこなした帰り道に、空から何かが落ちてくるのを目撃する。エリニュスは、ヴァルキリーの種族特徴で、それを受け止める。(落ちてきた物体にも、落下軽減の能力があったようで、受け止めには成功)
 落ちてきたのは、黒い鎧を着た若い女ドワーフだった。彼女の被っていた黒い兜が言葉を発し、事情を説明してくれる。この女ドワーフの名前は「イングリッド」ルキスラ帝国南方のクノッソス男爵領の娘で、蛮族にさらわれ蛮族領に連れていかれそうになったのを、何とか逃げ出してきたらしい。
 マチェル、魔法で回復させようとするが、大事な判定で1ゾロを出してしまう。(代わりにエリニュスが気絶回復させる)
 
 改めて、イングリッドから自分を故郷に連れていって欲しいと依頼され、いくつかのアイテムを報酬代わりに手渡される。
・マナソード アルケミストのインスタントウェポンと同じ。ランクは使い手の武器習熟度による。
・カブト ダークナイトの知識を使って、セージ判定できる。(基準は装着者の冒険者レベル)
・鎧 破損状態。修理すれば使えるらしい。
・マント マナコートと同じ効果を装飾品で得られる。
・ブーツ 機能不明。

 さらわれた場所に戻って大丈夫なのかマチェルは心配するが、イングリッドによると避難場所があるので大丈夫らしい。もうひとつ、ルキスラの貴族なのだから帝国に保護を求めてはと提案するが、田舎貴族で中央に伝手もないので、できれば助力は求めずに戻りたいということで、意を組んでクノッソス男爵領に向かうことにする。
 道中、イングリッド姫からあれこれ話を聞くと、クノッソス男爵領は高原地帯にありドワーフの遊牧民が暮らしている。魔動機文明の遺産をかなり残しており、遊牧民は魔動バイクで移動したりする。イングリッドの母は遊牧民の出身で、それでドワーフの血を引いているとの事。イングリッド姫をさらったのは、人間だったが蛮族を従えていた。イングリッド姫が着ていたのと同じ鎧を着ていて、かなりの手練れだった。名前をムッスというらしい。(ダークナイトによると、鎧を装備することが出来るのは王族だけとの事。ダークナイトは魔動機文明時代の空中実験都市で製造されたそうで、空中実験都市は最後は蛮族の魔将に突攻したという)

 ちなみに、イングリッド姫はマチェルに興味があるようだったが、とうのマチェルはというと追手を警戒したり、あとで判明するが名誉点事業で経営している店の売り物のお酢を売ったりしていた。

 ローラ河を遡上してルキスラ帝都の南にあるティザに到着し、そこから先は陸路の旅。迷城都市リバティに向かう道を進みつつ途中で道を分かれ、道中何事もなくクノッソス領にまでやってきた。
 高い山脈にさえぎられた向こうに高原があり、そこへ入るための山脈の切れ目にあるのがクノッソス男爵のいる都市である。
 なんとかたどりつけてほっとしたところに「暴れシープ(羊)だ!」との叫び声が。野生の羊が暴れており、こっちに向かってくる。少し緊張はしたが、格下の敵(レベル4キノアンシープ相当)だったので苦も無く退治する。
 こうして、無事にクノッソス男爵領に到着し、今回のセッションは終了。

第6.1回の清算
・経験点 2540点(シナリオ2500点 モンスター経験点40点)
・成長 1回
・報酬 3100G(依頼報酬3000G 戦利品一人当たり100G)
・名誉点 30点 *セッション参加キャラには「イングリッドの恩人」

次の話「遊牧民を追って