大きくする 標準 小さくする

「ソードワールド2.0」 2018/10

「ディルフラム! ドレイク坊ちゃん再び」

[ディルフラム] 投稿日時:2018/10/14(日) 08:12

 2018年9月23日のTRPGBOXでのソードワールド2.0のセッションです。
 今回は、去年遊んだディルフラムセッションと同じレギュでのゲームとなりました。
 急きょ遊ぶことになったので、準備の都合上仕方なかったけど、いい加減、このセッションの経験点欲しい。このレギュだとファイターを9レベルに伸ばしにくくて難儀する。(ちなみに今回は、2キャラ操作で対応。やってやれなくはないですが、2キャラ操作は結構しんどいですね)

「レギュレーション」
・成長回数30回 追加経験点 41000点 所持金75000点 所持名誉点750点 
 突発だったので、キャラメイクが間に合わなくても困るのでこのレギュレーションに。去年の8月からずっとこれだ。前に進みたい。

<キャラクター>
「ローレンス・フォン・プロイゼ」ドレイク 18歳 男 HP67 防御点12
・ファイター10 エンハンサー2 マギティック1 フィジカルマスター6 ウォーリーダー6 ノーブル5
 *経験点計算間違ってます。1000点分多い。
・戦闘特技 武器習熟・剣A 全力攻撃2 防具習熟・金属鎧A 武器習熟・剣A タフネス(自動)
 魔剣クレイモアを操るディルフラムのドレイク貴族。王位継承権80位(族長の血縁)ぐらい。周りが世話してやらないと何もできないおバカファイター。でも、神輿に担ぎやすいので、担がれてる感じある。

「モナ・コードウェル」バジリスク 85歳 女 HP56 防御点13
・ライダー10 プリースト8(ダルクレム) セージ5
・戦闘特技 防具習熟A(分類のメモなしたぶん金属鎧) 防具習熟S 精密射撃 鷹の目 魔法拡大・数 
 ゲロウベアを操る雪熊氷上操術の使い手。ライダー技能でバリスタが撃てるのでシューターがないと侮ってはいけない。ゲロウベアの名前はアリアンロッド。

<サブキャラクター>
「ルーンハルト」人間 20歳 男 HP42
・ソーサラー8 セージ7 コンジャラー7 デーモンルーラー2
・戦闘特技 魔法誘導 魔法収束 魔法制御 魔法拡大・数 武器習熟・杖A 鋭い目(自動) 弱点看破(自動)
 *すみません! こいつ当日作ったので、レベル8なのに戦闘特技一個多く取得してました!
 ローレンスに付き従う人間奴隷の魔法使い。生まれはなんと魔法戦士(あれ? その割にはキャラシーにファイターが書いてない) 今回は使う機会がなかったものの、魔法でローレンスとかに化けたりするつもりだった。サブキャラの癖に何やら野心を秘めているようである。私のサブキャラ。
 

<あらすじ>
 ドレイクの坊ちゃんローレンスは、剣の修行のために城を飛び出す。(前回は神と戦うダークナイトに影響されて魔剣を探しに行った。「ドレイク坊ちゃんは、トライカーズの迷宮に挑む」)
 ディルフラムの首都アセルフルへ至る四つの街道に、それぞれ10レベル越えの魔物が現れ道を塞ぎ、上級バルバロスはともかく交易のための荷物は滞っていた。
 自分の名前を上げようと、早速ローレンスは魔物退治に乗り出す。

 四つの街道に現れた魔物はいかの通り。
・南 ロトンロック 傷を負っている12レベル扱い
・北 ザカールツインヘッドドラゴンの子供
・西 ジャーグラッド
・東 サムライツインズ ラミアのデーモンルーラーとライカンスロープのフェンサーコンビ

 ローレンスはまずサムライツインズに接触。お互いのパーティーでどちらが多くの敵を倒すか、魔物退治競争を持ちかける。
 サムライツインズが勝負を受けたので、それぞれ最初の対象に向かう。(ローレンス達、ロトンロックへ。サムライツインズはジャーグラッドへ)
 ちなみにこの勝負の陰で、モナは密かに賭けを仕切ることにし、有り金全部(9000G)を自分達に賭けた。

 ロトンロック戦はそれほど苦労することもなく終了。それにしても、ソードワールドなのにファイターは地味ですね。堅実なダメージは出したけど、人間奴隷の従者ルーンハルトの魔法のほうがクリティカルが出たりと、いいダメージ出してました。

 ロトンロックは倒したので次の目標へ。サムライツインズはローレンス達より2ターン早くジャーグラッドを倒したらしいので、ザカールツインヘッドドラゴンへと向かう。もとは20レベルモンスターなので、さすがに苦戦してるだろうと思いきや、すでにサムライツインズはザカールツインヘッドドラゴンを倒しかけてました。(ラミアの召喚する二刀流の魔神剣士が強い。六回攻撃でごりごり削る。デーモンルーラーで強化されているとすさまじい)
 援護のつもりでローレンスは全力移動して接敵、鼓咆を発動するがサムライツインズはこれを拒否。ほどなく、サムライツインズはザカールヘッドドラゴンを倒してしまう。(行動がヒトゾクっぽいなぁ、ワタシ、バルバロスに向いてないかも?)
 
 と、ここでモナが好機とばかりにサムライツインズに後ろからバリスタで攻撃。賭けの勝利のために、手段をいとわないようだ。(ローレンスと対照的にバルバロスらしい行動をするモナ)
 ちなみに、ローレンスはザカールツインヘッドドラゴンがすでに倒れているのを、把握してなかった。
 デーモンルーラーのラミアを先に倒すことになったので、二刀流魔神剣士は暴走し始める。まだ前衛にいるので、その刃はローレンスとサムライツインズの生き残りのライカンスロープフェンサーに向かう。左右の剣から繰り出される恐怖の六連攻撃だ。
 ローレンスは、正直立ってるだけで精いっぱいでした。
 二刀流魔神剣士が今回、まさかのラスボスに。からくも勝利し(またもルーンハルトの魔法がクリティカルしてた気がする同じプレイヤーがやってるのに、ものすごく嫉妬したい。SW2.0はやっぱり魔法が強いなぁ)、ローレンスは、サムライツインズをザカールツインヘッドドラゴンを倒した勇者と褒めたたえるが、有り金すべてを賭けてるモナはそれを必死に止めるというおかしな状況に。
 最終的に、ローレンスがサムライツインズに酒を奢るが、それは実はルーンハルトが魔法で変身してごまかしたということに落ち着く。(この状況、ちょっとまとめにくい)
 
 一年ぶりにローレンスを遊べて楽しかったです。
 ソードワールドなのにファイターが地味とか、それがまた楽しいと屈折した楽しみも感じました。
 人族だと、このレベルは国家レベルキャラになってしまい扱いが面倒ですが、バルバロスならまだまだひよっこ扱いなので、好き勝手しても話が破たんしないのも良いですね。

経験点他清算
経験点 シナリオ2000点 モンスター1920点 合計 3920点
報酬  依頼30000G ドロップ品22200G 合計52200 →一人26100G(ローレンスとモナのみルーンハルト分はなし) 

にほんブログ村
*ランキング参加中です