大きくする 標準 小さくする

「ソードワールド2.0」 2016/5

捕虜収容所問題

投稿日時:2016/05/24(火) 06:52

 TRPGBOXでのSW2.0セッション。今回は、久々にやらかしてしまいました。

<あらすじ>
 PCたちは、誘拐されたらしい大魔動機卿を追って、別世界らしき場所に紛れ込む。そこは、大破壊後の戦いに蛮族が勝利した別世界だった。
 元の世界と微妙にバージョンの違う人々に困惑しながら、こちらの世界の蛮族抵抗勢力のリーダーを救うため、捕虜収容所に向かう。

 概略はこんな感じなんですけど、捕虜収容所での情報が不足しすぎてぐだぐだな状態に。

・抵抗勢力のリーダーの救出
・大魔動師卿の救出
・捕虜たちの救出

 この三つを達成する必要があったのですが、一番目の「抵抗勢力のリーダーの救出」しかPCたちに伝わっておらず、捕虜は見捨てられそうだし、大魔動師卿はそもそもそこにいるのをPCに知られていないという状態に。

 このセッションの反省は、人質という身捨てられると困る存在は、複数人設定せず一人にしておくこと。情報は事前に全部渡すこと、と感じました。

補記
 クトゥルフとかを遊ぶ時も「情報収集が不足だと確実にバットエンドに行きますよ」と情報収集の必要性をきちんと事前説明することは大事ですね。
 今回失敗したのはもう取り返しがつかないですが、せめて次に反省が活かせなければ。

補記2
 そもそも、最初はグランクレストを遊ぶつもりだったけど、一回のみのシナリオにしては情報量が多すぎると、システム変更したのに、結局、情報量が多すぎ(たぶん三回ぐらいのセッションに分ければ問題なかった)のシナリオになってしまってました。
 GM予定も詰め込み過ぎだし、いろいろ遊びたい気持ちはあるけど詰め込み過ぎなのはよくないと思いました。
 次は、余裕を持ってシナリオを作りたいと思います。
 
201605250700_1.jpg
201605250700_2.jpg

「冒険者は王になったようです」虎徹GMのSW2.0高レベルセッション

[高レベル] 投稿日時:2016/05/10(火) 20:55

 2015年9月のTRPGBOX。今回はSW 2.0の高レベルセッションです。

 私のキャラは、以前、初期作成レギュのセッションで使ったナイトメアのアルギス。
 いろいろ冒険して15レベルまで成長し、ミストキャッスルを解放して王になりました。という設定。
 
201603162115_1-300x0.jpg

<<キャラクター>>
「アルギス」ナイトメア 男
ファイター15 ソーサラー12 ウォーリーダー9 エンハンサー5 マギティック2 コンジャラー1 ライダー1
 以前のセッションよりだいぶ逞しく成長。ダーレスブルグ公国の貴族にしてミストキャッスルを治める藩王。このためだけに名誉点を注ぎ込みました。

「軍師ラビア・サルゲ」ハイマン 22才
 アルギスに仕える軍師。生まれはフェイダン地方。

「レイネシア・アーツ」 ナイトメア
 魔術の杖を持つナイトメアの少年

「マール・ウォール レプラカーン」 69才
 マギティック シューター アルケミスト

<<あらすじ>>
 ある日、アルギスのミストキャッスルの王宮に、とある王国の王女が誘拐されたという報告が入り、それが世界の終末に関わると知り、アルギスは自ら王女の救出に向かうことに。

 ミスリルゴーレムは強いですね。あと、GM がオリジナルで作成したグラップラーにパイルバンカー六連撃食らってダウンさせられました。(右手、左手、追加攻撃をファストアクション。かつ、マギティックの魔法で防御点無効)

 また、次に遊べる機会がくるのが楽しみです。次は、ドワーフドラゴンライダーがやりたいですな。(王女への結ばれぬ思いを抱くヤングドワーフ)
 
201603162115_2-300x0.jpg


 
201603162115_3-300x0.jpg




にほんブログ村
*ランキング参加中です