大きくする 標準 小さくする

「ソードワールド2.0」 2014/1

「服を作ろう!!」アシュラウトの無限工房1

[FARCE] 投稿日時:2014/01/14(火) 20:12

 1月のFARCE定例会でのソードワールド2.0「アシュラウドの無限工房」のレポです。

~キャラクター~

「テール」エルフ 男 14歳(14歳に見えるではなく実年齢14歳)
 ウォーリーダー4 プリースト(ユリスカロア)2 ミスティック2 コンジャラー2
 魔法拡大/数 魔法収束
 私のキャラ。脂ぎった貴族にさらわれ、いろんな目に遭わされる前に逃亡したエルフの少年。ちなみに脂ぎった貴族に女装させられていたので、アシュラウトに到着した時点では女の子の服を着たままだったので普通の服に着替えようとするが、アシュラウトには服屋がなく、以後、普通の男物の服を探すことに執着するようになる。
 セッション開始時→「僕はなんて不幸な星の元に生まれたんだ!」
 セッション中盤以降→「(男に会うたびに)お前の着ている服を寄越せ」
 新年早々、こんなキャラをやるとは私はいったい何をしてるんでしょうね?

「ミラ=タレマ」人間 男 21歳
 マギティック4 シューター4 レンジャー1 セージ2
 ロングバレルを四本装備し、一発撃っては次の銃を持ち帰る「マミさんスタイル」で戦うマギティック。最初は「闇の組織が~」と見えない陰におびえていたが、後半はほぼテールのおもり役に。

「リシャール=サルツァガーン」人間 15歳 男
 ファイター4 スカウト4 マギティック2
 専用化されたドラゴンスレイヤーを持つ戦士。今思えば、テールの「不幸」はこっちに乗り移ってしまったのかもしれない。(後述)

「青のエミリア」人間 18歳 女
 ファイター4 ライダー4
 アラクネに乗る女ライダー でも、アラクネに乗るために所持金をすべて費やし本体のあなたが攻撃できないってどういうことですかエミリアさん!

セッションのあらすじ
 そこそこの能力はあるのに、なぜか毎回仕事に失敗し続けるPC(パーティー名候補は「シッパイーズ」もしくは「ダメーズ」)たちは、レーゼルドーン大陸の竜槍山脈を越えた先にある「アシュラウト」にたどり着く。
 テール:「こんなフリフリの服とか気持ち悪いから着替えるわ。服屋どこ?」

 ところが、アシュラウトは服屋どころか店もない田舎。アルケミストの変形「合成術」で必要なものを作っている集落だった。

 そんな田舎で仕事なんてあるのかと思っていると、クレアという合成術師に素材集めのために雇われ、さらにさっそくクレアの工房に村長が合成の依頼を持っていたので、合成に必要な素材を集めに行く事になった。(そしてしきりに村長の服を怪しい目で見るテール)

 ちなみに、素材集めは最初の戦闘が苦戦でした。
 まず、敵が「アラクネに乗ってるライダーより装甲の薄い(スカウトなので皮鎧)のリシャールのほうが倒しやすい」と集中攻撃。(だったと思う)
 支援系に特化しているハズのテールが、2ターン連続でキュアーウーンズに失敗。

 テール:「2回連続失敗なんて、僕はなんて不幸な星の元に・・・・」
 リシャール:「私は嫌われてるんですか?」
 *このパーティーがどうして失敗しまくりなのか、なんとかなく分かった気がする。

 でも、きつかったのはこの戦闘だけでした。(集中攻撃でズタボロのところに2回連続失敗だし。ここが極端に駄目だっただけで。もっとも、アラクネに乗ってるエミリアが、自分自身が攻撃できないのが、地味に痛かったかも。テールの代わりにミラがヒーリングバレッドを使用したので、実質、攻撃してるのはリシャールだけの時があるし。初戦はパーティー間の連携が」うまくいかなくて、苦戦することが多いんですよね)
 
 2日目は、私がイベント関係のダイスを振ってたんですが、ほぼ何も起こらなくて歩くだけでアイテムを入手できるピクニック状態でしたし。
 もともと初期作成キャラで遊ぶシナリオなので、ラスボス戦も難なく勝利。

 テール:「このラスボス(蛮族)たち、ろくな服も持ってねぇ。しょうがねぇから、この腰みの着けとくか」
 ミラ:「テール、お前疲れてるんだよ。病院、じゃなくて神殿に行こうか?」 
 
 今回は、テールの迷走プレイにみんながつきあってくれたので、楽しく遊ぶことができました。卓のみなさん、ありがとうございました。

にほんブログ村
*ランキング参加中です

「アシュラウトの無限工房」を読んだ(ソードワールド2.0リプレイ)

[文庫リプレイ] 投稿日時:2014/01/05(日) 16:50

  ソードワールド2.0リプレイ「アシュラウトの無限工房」を読みました。(本当は、去年の発売直後に読み終えていたけど、年末にバタバタしていたので、今になってレビュー)
201401051725_1-300x0.jpg
 去年のバウムガルドの迷宮城もそうでしたが、これ一冊であとは文庫のルールブックがあればシナリオを作らなくても楽しめる初心者向けの一冊です。
 私も、バウムガルドの迷宮城には大変お世話になりました。

 ゆえに、慣れてくるとさすがに物足りないシナリオです。

 突き詰めれば、PCが良いプレイをしようと何をしようと関係なく、ダイス目のみに左右されるので、ダイスを振るだけの作業ゲームになってしまうので、TRPG歴がそれなりに長い人は、途中でシナリオに自分なりのアレンジを加えないと、プレイヤーも退屈してしまうと思います。

 私がもしも、一年遅くソードワールド2.0を遊び始めてたら、この「アシュラウドの無限工房」がおもしろいって思ったでしょう。来年は、どんなリプレイが出るのか楽しみです。

にほんブログ村
*ランキング参加中です