「ソードワールド2.0」

<<前へ

「いきなり下剋上!」ディルフラム1

投稿日時:2017/08/21(月) 19:24

 2017年8月20日のTRPGBOXのセッションです。
 今回は蛮族の国ディルフラムを舞台にした蛮族側のキャラクターでのセッションです。レギュレーションは追加経験点4万1千点(ルルブ3の経験点表参照)、夏だし、あまり複雑なことを考えないで暴れようというコンセプトです。

<キャラクター>*今回、キャラの紹介がなかったので、お互いのキャラクターの把握ができてません。
「ダルクシュ」 ダークトロール
・ファイター9 プリースト(ダルクレム)7 スカウト1(生まれで取得) セージ6 エンハンサー1 ライダー1 
・戦闘特技 魔力撃 薙ぎ払い2 武器習熟A斧 防具習熟A金属鎧 魔力撃強化
 ダルクレムの神官戦士。こちらに来る前はディルフラム南部で深海帝国との戦いに参加していた。見下した相手を殺す時に「メティシエの許にいけ」と言うのが口癖。(ダルクレム神官である彼にとってとるに足らないと考えた相手は、死後にダルクレムの許に行かれても困るという意味らしい)
 私のキャラ。

「サケス」 ダークトロール 女
 ダークトロールのスカウトグラップラー、そしてイアンナ流諜報暗殺術も習得している。

「シュー(?)」 ウィークリング(バジリスク)
 「かばう」のがメインのメティシエ神官。

<あらすじ>
 ノルダール地方に接するディルフラム東部にある水道の街バリーリエルズ。

 その支配者である三代目オーガの王イデルゼム・モルスの王宮に、ダルクシュら三人のバルバロスは招かれていた。
「実は困ったことがあるのじゃ」
 二人のオーガバーサーカーに守られた王イデルゼムは、それでもおどおどと話を始めた。

 一つは東のノルダールの人族が、国境付近に進出し、砦を建設したこと。
 二つ目は、北部にドレイクバロンが現れ、領地を奪われたことだった。
「なんとかせねば、なんとかせねば」
 この様子を見ていたダルクシュは、こう思った。
「(なんだこの王は、なんとかせねば、なんとかせねばと軟弱か。小癪な人族なぞ、さっさと蹴散らし、ドレイクバロンは力でねじ伏せれば良いではないか)」
 当初は、真面目に任務を受ける気でいたダルクシュは、気が変わった。
「(いっそこのオレが、この王を倒し新たな王となるべきでは?)
 力こそバルバロスの生き方。幸い、武器もある。
 ダルクシュは、王に向かってこう言った。
「イデルゼム陛下。このダルクシュがあなたの悩みを一気に解決致しましょう」
 そう言って、ダルクシュは武器を構える。
「あの世にいけば、なんの悩みもございませんぞ!」
 そして、ダルクシュは王に向かって突進した。(実際になんと言ったか忘れましたが、こんなニュアンスだった気がします)


 普通なら依頼人に斬りかかるとか、絶対NGですが、日頃から「バルバロスで下克上したい」と言っていたので、やっていいよとGMから許可が降りたので実行。

 一人だと先制とれないし、通常移動が19メートルに対して距離が20メートルあるので返り討ちで終わりだなと思っていたら(何がしたいんだ?)
 他の二人も反逆に乗ることにしたのが、戦闘行動をとる。そして、二人は移動距離に余裕があるので、1ターン目で接敵して攻撃。2ターン目で王を倒しました。(王がブリンク使ったので攻撃譲ったら、グラップラーだったので複数回攻撃でそのまま倒した)

 かくして、ダルクシュは新しい王になりました。
 たまには、こういう無軌道なのも悪くないですね。もちろん、まだ始まったばかりなので、そもそもの依頼をこの後、解決しに行くことに。

・人族の砦へ
・ドレイクバロンの所へ

にほんブログ村
*ランキング参加中です

 

「冒険者達は魔神信奉者の潜む屋敷に挑むようです」悪魔屋敷1

[ザルツ] 投稿日時:2017/05/01(月) 21:12

 2017年4月30日のTRPGBOX冒険者は報酬が少なくても依頼を受けるようです」メンバーの続きです。

<キャラクター>
「トーマス」フロウライト 12歳 男
・ソーサラー8 ウォーリーダー6 コンジャラー4 アルケミスト1 セージ1
・魔法誘導 魔法収束 魔法制御 魔法拡大・数
 カインガラ生まれのフロウライト。育ての親であるトム・リドルというじいさんが死に際に「外の世界を見に行け、本に書かれて事を自分の目で見ろ、そして本に書かれていない事を自分の目で見ろ」と言い、冒険者になった。

「リルド・ブルーローズ」ナイトメア(リルドラケン生まれ) 男 20歳
・ファイター7 ソーサラー7 スカウト4→5 アルケミスト1 セージ1 仕立て屋5
・魔力撃 両手利き 二刀流 マルチアクション

「ローデリヒ・レール」人間 男 15歳
・フェアリーテイマー7 セージ7 プリースト(キルヒア)4 アルケミスト1
・魔法誘導 魔法拡大・数 MP軽減(フェアリーテイマー) マリオネット 鋭い目 弱点看破
 今回はスキル成長なし。フェアリーテイマー成長のために溜めておくらしい。

「エクレア・ブリトマルティス」レプラカーン 女
・スカウト7 ライダー6 フェンサー5→7 プリースト(ライフォス)2 レンジャー1 セージ1
 騎獣のマンティコアを連れているレプラカーンの斥候。

<NPC>
「マルティエ・アルター」人間 女 26歳
プリースト(フェトル)7 セージ5 ミスティック7 ウォーリーダー2
魔法拡大・数 代償軽減2 魔法拡大・時間 MP軽減(プリースト)

<あらすじ>
  アケボ村の依頼を終えたPC達は、カインガラから来たフロウライトのトーマスと知り合い、ユーレリアからザルツに帰る。
 ザルツへの旅の途中、トーマスとローデルリヒはサイコロで賭け事をするが、双方イカサマを仕掛ける。
トーマス:「このダイスは、ガメル神の親戚のダイス神の加護を受けたダイスで(魔法のかかったイカサマダイス)」
ローデルリヒ:「風の妖精魔法でダイス吹き飛ばして、今の出目をなかったことにします」
 そんな事を繰り返しながら、懐かしのアルター男爵領に帰ってきた。(ここには、トーマス以外のPCの名誉点事業がある)戻ってきたPC達には、早速仕事の依頼が入る。
 いつもはパーティーの一員であるマルティエが、今回は依頼人として、ゴエティアという人物を護衛して欲しいという。
 マルティエは夫のルイールと領内を巡り、このゴエティアと親しくなったが(月に数度お茶会するほど)、占いでよくない結果が出たので、一週間ほど護衛して欲しいと言う。報酬も悪くないので(というか身内贔屓か良すぎるぐらい)、依頼を受けることに。

 しかし、翌日の朝、やはりなんかおかしいという話になり、領主夫妻が魔神の苗床にされているのではないかという話になった。(自分で考えてわかったわけでないのでうろ覚え)
 領主夫妻は、領内の視察に出掛けたのですぐ後を追う。で、どうにかこうにか捕まえる。

トーマス:「スリープクラウド(深智魔法5レベル)は使えないから、うまく殴って気絶させよう」
*真語魔法にスリープがあります。

 無事に保護した領主夫妻は、お城から人を呼んで、お城に連れ帰ってもらい、PC達は彼らの依頼していた人物の屋敷へ。間違いなくその人物が首謀者の魔神使いに違いない。
 領主夫妻を助けるには、ゴエティアという魔神使いを倒さねばならない。

 ゴエティアの屋敷に近い場所にある村では、人々が生気なく暮らしていた。
 たまたま、村にいなかった正気の人物がおり、女子供が十人程度見当たらないという。また、ゴエティアという人物も屋敷も知らないとのことだった。

 PC達は、屋敷のあるという森へ向かう。森の奥にあったのは、二階建てのまだ新しい屋敷だった。
 トーマスが魔法の目を飛ばして偵察すると、屋敷の中も至って普通で、掃除をする使用人とベッドで休む使用人の姿しかなかった。
 捕まった村人がいる様子もなく、どこか別の所に囚われているのだろうか?

 今度はエクレアが、レプラカーンの種族特性を活かして透明になって屋敷内に潜入する。一ヶ所だけ、外から見えない場所があったので、そこを調べに入るエクレアだが、そこに使用人の一人がテレポートしてきた。
使用人:「何を探っていらっしゃるのですか?」
 屋敷の住民に見つかってしまったエクレア。自慢の投てき武器で相手に傷を負わせるも、調べていた小部屋に魔法で閉じ込められる。

 外で待っていたPC達は、エクレアが戻って来ないのを、「何かあった時の事を決めてなかったね」と、のんきに言いながら屋敷の中に入ることに。領主様の護衛の依頼状も持ってるし。
 エクレアを閉じ込めた使用人が表れ問答の末に戦闘になる。
 こいつの正体はメルマザールという魔神(公式リプレイ増え行く街・消え行く街の異界譚にも登場)、領域内転移という能力を持つ厄介な敵。で、また逃げられる。

 その後は屋敷内探索。調べてわかったのは、「太陽と月と星」が必要なこと。二階の礼拝堂から裏世界に行けること。ゴエティアと囚われた村人は裏世界にいるらしいことだった。(図書室にいた魔神のリドルに勝って得た情報。リドル解きにローデルリヒが大活躍。トーマスは遊んでいた)
 キーアイテムになる「太陽のプレート」は、寝ている使用人(というかその部屋自体が魔物)が持っていた。こうして、いよいよ敵の本拠地である裏世界に乗り込む。

 裏世界は、表の屋敷と上下逆さまの世界だった。
 それに表世界では、ライフォスの神像が奉られていた礼拝堂に、ラーリスの神像が置かれている。(太陽のプレートがはまりそうな窪みあり、他に二つの窪みがある)
 裏世界の探索を始めるPC達だが、姿なき魔神ゴードベルに襲撃され、ローデルリヒとトーマスは深手を受ける。
 と、ここで会場の使用時間になってしまいセッション終了。
 荷物の片付けもありバタバタしてしまい、ここで一旦PC達は撤退したことに(?)

<メモ>
・ゴエティアは、魔神による強化をしている。その強化のための呪文符は館のあちこちにあるらしい。(スポーンの符・連続攻撃は破壊済み)
・太陽と月と星のプレートが揃うと第三世界にいける。

<途中清算>*累計はキャラロストなどで作り直しする時のメモです。
・経験点1000点(累計2万8470点)
・成長1回(累計21回)
・報酬6000G(累計5万1000G)

にほんブログ村
*ランキング参加中です
 

M7「ライカンスロープは偵察に行くようです」戦の始まり

[バルバロス] 投稿日時:2017/04/16(日) 08:58

 2016年10月のTRPGBOXその3

 残り一時間ぐらいなものの、最後にもう一つぐらいシナリオを遊びたいとプレイ開始。

<キャラクター>
「エルーク」ライカンスロープ 男 18歳
技能:スカウト3→4 シューター4→5
戦闘特技 両手利き(使い勝手が悪いので、後で選択し直すと思います)
成長:精神+1 精神+1(M6は2回成長)

「イロナ・グリエフ」ドレイクナイト 女 20代
技能: フィジカルマスター4→5 生体武器強化をSランクに。
戦闘特技:二刀流 
成長:生命+1 生命+1(M6は2回成長)

「ユーフェミア・テンペスト」ドレイクナイト 女
*今回はプレイヤーが不参加です。

「アルジャン・ロセウス」バジリスク 男
技能:セージ3→4
成長:生命+1(24)敏捷+1(18)(M6は2回成長)

「ササラメール」ケンタウロス 男 22歳
*今回はNPCです。

<あらすじ>
 となりの領との山道に、うちの領のものではない蛮族がうろついているとの情報があり、偵察に赴くことに。

最初の敵 ボガード2体 ゴブリンシスター1体

二番目の敵 ディープグレムリン1体 ボガードソーズマン1体 レッサーオーガ1体

三番目の敵 ギルマン1体 キラーオクトパス1体

 戦った結果、どうやらリュトシー藩領は本格的にアルダーテ藩領への侵攻を企てているようだった。

M7「戦のはじまり」
・経験点 1510点 (シナリオ経験点1000点 モンスター経験点510点)
・報酬 一人1440ガメル(シナリオ報酬1000G+剥ぎ取り一人440)
・名誉点 11点(剣のかけら11)
・成長 1回 

<M7終了時点でのキャラクターデータ(成長未処理)>
「エルーク」ライカンスロープ 男 18歳
技能:スカウト4  マギティック2 シューター5 エンハンサー1
戦闘特技 :精密射撃 鷹の目 両手利き

「イロナ・グリエフ」ドレイクナイト 女 20代
技能: フィジカルマスター5  グラップラー4 セージ2
戦闘特技:両手利き 魔法誘導 二刀流

「ユーフェミア・テンペスト」ドレイクナイト 女(M5~M7不参加)
技能:プリースト4 ファイター2 エンハンサー1 セージ1
戦闘特技:武器習熟・フレイルA 魔法拡大・数

「アルジャン・ロセウス」バジリスク 男
技能:コンジャラー4 セージ4 ウォーリーダー3 フィジカルマスター1
戦闘特技:魔法拡大・数 魔法収束

「ササラメール」ケンタウロス 男 22歳(M7GMのためM6開始時)
技能:ファイター4 レンジャー2 ライダー2 エンハンサー2
戦闘特技:防具習熟・盾A かばう

<これまでの経験点。報酬など>
・経験点 10850点
・報酬 一人11638ガメル
・名誉点 266点
・成長 8回 

にほんブログ村
*ランキング参加中です

「アルター男爵家の人々」

[ザルツ] 投稿日時:2017/04/06(木) 20:50

背景メモ
・「アルター男爵領」
  ザルツセッションでの舞台。ルキスラ帝国アルドレアの南に二日の位置にある。バルバロスの顎の北辺に接する地域。 

NPCメモ
・「ルイール・アルター」人間
  ルキスラ帝国の男爵。

・「エマリーナ・アルター」人間
  ルイールの妹。16歳

・「ヴェルカッツ・アルター」人間
  ルイールとエマリーナの父。

・「パピ」タビット
  アルター男爵家に仕える執事。ルイールとマルティエの婚姻を快く思っていない。

・「ミルファ」ドワーフ
  アルター男爵家のメイド長

・「クー」コボルド
  アルター男爵家の厨房長

・「マルクレスト」人間
  ルキスラ帝国の大貴族の子息。エマリーナに目をつけており、アルター家にあれこれ陰謀を仕掛けてくる。

<ショートストーリー>
 その日、アルター家の厨房では、夜の祝宴の準備に追われていた。

「しかし、このところ、領内には畑ばかりが増えてきましたな」

 タビットの執事長パピがつぶやく、ああまたか、とみなが思った。

「ヴェルカッツさまは、ルキスラ銀鱗警護隊警護術、ファルネアス重装馬闘技の2流派の極意を極められたお方。お体のことがなければ帝国の騎士の長になっていてもおかしくはない方でした」

 パピのこの話は長くなる。とはいえ、今日に限っては祝宴の準備があるので、厨房の誰もが自分の仕事に集中していた。

「ルイール様には、ヴェルカッツ様のように武芸において帝国の誇りとなられるようなお方になって頂きたいのに、最近は畑が畑がと。それもこれもマルティエ様の影響なのでしょう。放置されて久しい練兵場を畑になどと言いだされなければ良いのですが」

 そんなパピに、ドワーフのメイド長ミルファが、ぽんと肩に手を置いた。

「パピ様、いろいろおありでしょうが、それ以上は奥様に対して礼を失しておりますわよ」

 ミルファは知らないものが見れば、新人メイドと思えるほどの童顔の人物だった。
 そのミルファが、今度は厨房の責任者であるコボルドのクーに声を掛ける。パピの肩に置いた手を、まったく放そうともせずに。

「そう言えばクーさん、最近、よいウサギが手に入らないと言ってましたわよね。ワタクシ、良い兎肉に心当たりが・・・・」

「すいませんでした!」

 ミルファの言葉が終わるよりも早く、パピは頭を下げた。
 メイド長ミルファ、外見からはわからないが、先代以前からワルター家に仕えている年齢不詳のドワーフ美少女であった。
 彼女には、誰も逆らわない。
 

M6「亡命者」カスペル探し

[バルバロス] 投稿日時:2017/03/23(木) 06:50

 2016年10月のTRPGBOXその2

 今度は私がGMします。

<キャラクター>
「エルーク」ライカンスロープ 男 18歳
*今回はNPCです。

「イロナ・グリエフ」ドレイクナイト 女 20代
技能:グラップラー3→4 セージ1→2 フィジカルマスター4
成長:生命+1 生命+1(M5GMのため2回成長)

「ユーフェミア・テンペスト」ドレイクナイト 女
*今回はプレイヤーが不参加です。

「アルジャン・ロセウス」バジリスク 男
技能:コンジャラー3→4 セージ3  ウォーリーダー3 フィジカルマスター1
成長:敏捷+1
*ロームパペットを獲得

「ササラメール」ケンタウロス 男 22歳
技能:ファイター4  レンジャー2 ライダー2 エンハンサー2 *技能成長なし
成長:筋力+1
*ヒーターシールドをグレートウォールに変更 防御点9


<あらすじ>
 本編とは関係ないけど、小ネタでイロナのもとにメール便が届く。
 差出人は、北の代官であるドミニク。内容は「今でも愛してる。君の謹慎が解けるのを心待ちにしている」というものだった。
 イロナが毒殺しようとした相手って誰だったんだろうと考えた結果、ドミニクに白羽の矢を立ててみました。

 PCたち、ニケ様に呼び出されるニケ様の領内で勝手に魔改造研究をしている不埒者のカスペルとやらを探して連れてこいとのこと。

 カスペルについてわかっているのは、バジリスクということだけなので、そこから聞き込み開始。
 アルジャンの父は、カスペルと知り合いだったことがわかる。

アルジャンの父はアルダーテについたが、カスペルは同じバジリスクのフィリオラにつき、この地を去った。
 彼がこちらで活動しているなら、彼の別荘が山奥にあるから、そこにいるかもしれないとのこと。
 こうして、別荘に向かうことに。

 途中、野良熊と遭遇。蛮族といえど、動物に負ける事もあると動物の強さを実感。(本当は恐竜出したかった)

 カスペルの別荘につく、そこにいたのは二代目のカスペルだった。
 フィリオラ領で「暴風」と呼ばれる蛮族に領地を奪われた彼は、「上級バルバロス魔改造仕様書」なる研究を手土産に、アルダーテに取り入ろうとしていた。
 二代目カスペルは、ニケ様への保護を求めてきたので、一応、ニケ様のもとへと連れて行くことに。
 彼がどういう扱いを受けるかはわからないが、PCたちに与えられた任務は完了した。

M6「カスペル探し」
・経験点 1760点 (シナリオ経験点1500点 モンスター経験点260点)
・報酬 一人2380ガメル(シナリオ報酬2000G+剥ぎ取り一人380G)
・名誉点 72点(白銀勲章50点 剣のかけら22点)
・成長 2回 

にほんブログ村
*ランキング参加中です
«前へ