大きくする 標準 小さくする

「真・女神転生TRPG 覚醒編」 2017/7

「学園異聞録」

投稿日時:2017/07/17(月) 18:10

 2017年6月25日のTRPGBOXです。

<キャラクター>
「青井京介」フェンシング1→2
 一年生、生徒会の書記。六月に生徒会に入り、2学期のはじまりには「生徒会長の忠犬」と呼ばれるまでになる。何があった? 生徒会のほかにフェンシング部とオカルト研究会にも所属。

「スガノマコト」魔界魔法
 二年生の先輩。

<NPC>
「竹内ゆみえ」
 生徒会長

「久保田かなえ」
 図書委員

「天花寺みやこ」
 オカルト研究会。スガノと幼馴染。

「吉祥院キアラ」
 学園理事長 立川流の使い手

<あらすじ>
 青井京介は、とある私立ミッション系高校の一年生でフェンシング部とオカルト研究会を掛け持ちし、さらに生徒会の書記を務める。
 さて、二学期のはじめ、生徒会は臨時生徒総会の準備に追われていた。四月から新たに理事長になったキアラは、生徒への日曜ミサの参加の強要や、校則を厳しくするなど生徒への締め付けが厳しく、生徒会長が生徒の自主性に任せた自由を認めて貰うための署名を集めるための集会を開く。

 生徒総会当日、体育館に生徒300名が集まる。
 生徒会長は、生徒会副会長をはじめとする悪ノリで作られた歴史上の独裁者風演説原稿を読み上げ始める。
 その時、地震が発生した。

 校庭に一時避難する生徒たち。特に怪我人などはなかったが、学校は戦国時代風の異界に飛ばされていた。

 青井は、先生や生徒会長と外の偵察へ。
 鎧武者のガイコツに襲われ、青井を庇って体育教師が犠牲になる。

 武器が必要と感じた青井は、部室にフルーレを取りに行くと、同じく武器を探すオカルト部の天花寺先輩に会う。

 その後、青井は図書室で図書委員の久保田先輩とスガノ先輩に会った。

 様子のおかしい天花寺先輩(目がうつろ、「武器が足らない」「誰も生き残れない」「私のために死んでくれる」などとつぶやく)を、「夏休みに海が見れなかった」と言っていたのを思いだし、「あとで海を見に行きましょう」となだめすかして、一緒に行動することに。
 なお、途中で間に合わせの武器で武装する生徒会長一行と会う。

 こうした探索をしているうちに、鎧ガイコツたちの襲撃があり、生徒会長が負傷。早く病院に連れて行かないと命が危なくなる。

 久保田先輩によると、これは昔の再現で、鎧ガイコツたちはかつての領主久保田の兵らしい。
 昔、この学校のあった土地で、天花寺の謀反が起こった。
 しかし、それは久保田の呪術師の陰謀で、謀反人たちは、お互い殺し合い生き残ったのが天花寺先輩の祖先。人間を使った蟲毒の邪法が行われ、いままた再現されようとしているらしい。

 久保田先輩によると、これは再現だから歴史と異なる行動を起こせば術が破れるかも知れないとのことだったが、なかなか打開策が浮かばない。

 その後、理事長吉祥院キアラが今回の黒幕とわかるが、立川流の使い手でレベルも40あるので手出しができない。(それでもフルーレを構える青井は興味を持たれた)

 結局、殺しあいは粉毒の散布によるものなので吸わなければいいという久保田先輩の助言(ということにしておこう、実際はGM発言)により、青井が生徒会長の代理として生徒に粉毒対策を取らせ、蟲毒の呪法が再現されるのを阻止して、無事に帰還する。

 青井、生徒会長を救急車にのせ、天花寺先輩には「海を見る約束」を果たすため、メールと電話を書いた紙を渡す。(それぞれ宿命1点)

 プレイヤー視点なので、自キャラのことしか書いてないけど、だいたいこんなセッションでした。

 1レベルはほとんど一般人と同じ、攻撃は当たらないし、敵も当たらない。

 青井は、ゲーム中のレベルアップでフェンシングを2レベルに上げたけど、ゲーム中に生徒会長から虎徹を預かったので、片手フェンシング、片手日本刀の変形二刀流になるかも。

にほんブログ村
*ランキング参加中です




 

<< 2017年7月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31