大きくする 標準 小さくする

「ソードワールド2.0」

M6「亡命者」カスペル探し [バルバロス]

投稿日時:2017/03/23(木) 06:50

 2016年10月のTRPGBOXその2

 今度は私がGMします。

<キャラクター>
「エルーク」ライカンスロープ 男 18歳
*今回はNPCです。

「イロナ・グリエフ」ドレイクナイト 女 20代
技能:グラップラー3→4 セージ1→2 フィジカルマスター4
成長:生命+1 生命+1(M5GMのため2回成長)

「ユーフェミア・テンペスト」ドレイクナイト 女
*今回はプレイヤーが不参加です。

「アルジャン・ロセウス」バジリスク 男
技能:コンジャラー3→4 セージ3  ウォーリーダー3 フィジカルマスター1
成長:敏捷+1
*ロームパペットを獲得

「ササラメール」ケンタウロス 男 22歳
技能:ファイター4  レンジャー2 ライダー2 エンハンサー2 *技能成長なし
成長:筋力+1
*ヒーターシールドをグレートウォールに変更 防御点9


<あらすじ>
 本編とは関係ないけど、小ネタでイロナのもとにメール便が届く。
 差出人は、北の代官であるドミニク。内容は「今でも愛してる。君の謹慎が解けるのを心待ちにしている」というものだった。
 イロナが毒殺しようとした相手って誰だったんだろうと考えた結果、ドミニクに白羽の矢を立ててみました。

 PCたち、ニケ様に呼び出されるニケ様の領内で勝手に魔改造研究をしている不埒者のカスペルとやらを探して連れてこいとのこと。

 カスペルについてわかっているのは、バジリスクということだけなので、そこから聞き込み開始。
 アルジャンの父は、カスペルと知り合いだったことがわかる。

アルジャンの父はアルダーテについたが、カスペルは同じバジリスクのフィリオラにつき、この地を去った。
 彼がこちらで活動しているなら、彼の別荘が山奥にあるから、そこにいるかもしれないとのこと。
 こうして、別荘に向かうことに。

 途中、野良熊と遭遇。蛮族といえど、動物に負ける事もあると動物の強さを実感。(本当は恐竜出したかった)

 カスペルの別荘につく、そこにいたのは二代目のカスペルだった。
 フィリオラ領で「暴風」と呼ばれる蛮族に領地を奪われた彼は、「上級バルバロス魔改造仕様書」なる研究を手土産に、アルダーテに取り入ろうとしていた。
 二代目カスペルは、ニケ様への保護を求めてきたので、一応、ニケ様のもとへと連れて行くことに。
 彼がどういう扱いを受けるかはわからないが、PCたちに与えられた任務は完了した。

M6「カスペル探し」
・経験点 1760点 (シナリオ経験点1500点 モンスター経験点260点)
・報酬 一人2380ガメル(シナリオ報酬2000G+剥ぎ取り一人380G)
・名誉点 72点(白銀勲章50点 剣のかけら22点)
・成長 2回 

にほんブログ村
*ランキング参加中です

トラックバック一覧

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード: