大きくする 標準 小さくする

「ソードワールド2.0」

バルバロスセッションNPCリスト [バルバロス]

投稿日時:2016/10/16(日) 07:23

バルバロスセッションのNPCリストです。50音順 2016/11/13更新

・「アとウンの二人」
 ニケ様の護衛のトロール。

・「イレーネ・アウラ」ウィークリング(ガルーダ)
 会話の前後に「ごめんなさい」がつく卑屈なガルーダ。 フェアリーテイマーは11レベルぐらいあるらしいが、宝石がないと何もできない。マギティックとヤ・ティール式飛翔殺法の使い手でもある。

・「ヴァーチェ」
 アルダーテ藩領の別の地域の長

・「オウロ=ロゼウス」バジリスク
 アルジャンの父。がまがえるが好きらしい。

・「カスペル二世」 
 魔改造技術を持つ(マギティック? コンジャラー?)バジリスク。リュトシー藩領の者か、それともアルダーテ藩領の者かは不明だったが、隣領リュトシーで下剋上が起こり、自分の領地を奪われデュナスに亡命してきた。「上級バルバロス改造仕様書」を手土産にしていたが、ニケ様がどういう扱いにしたかは謎。

・「がまがえる姫」バジリスク
オウロがアルジャンにお見合いの相手として進めた「がまがえる」のような外見のバジリスクの姫。オウロはこのあと、アルジャンにプリムローズをどうするか問いかけているので、実在しないかもしれない。(実際には母親の肖像画でも見せてたのかも。オウロ当人はがまがえる好きそうだし)

・「キュリオス=アルダーテ」 
 藩王、PCたちはまだあった事すらないお方。

・「グローリア」
 ゲーハの娘のミノタウロスウィークリング 魔剣チャルファングに操られた。

・「ケイローン」ケンタウロス
 メール便のデュナム局長。

・「ゲーハ」
 デュナス特別攻撃隊の隊長を務めるミノタウロス

・「古カスペル」
 バルバロスを魔改造する「上級バルバロス改造仕様書」を作った人物。オウロのかつての友人。リュトシー藩領側についたが、すでに亡くなっている模様。

・「ザクロウ」
 元人族冒険者、毒フェチ、改造フェチ、高所フェチ。

・「ダークトロールの執事」ダークトロール
 オウロ=ロゼウス卿の執事。

・「中央からきたバジリスク」バジリスク
 わざわざメルヒリアの館に遊びに来るために中央からやってきたバジリスク。

・「ドミニク」
 アルダーテ藩領の<北>地域の長。M5「カスペル探し」にて、イロナの婚約者でかつ毒殺しようとした本人だったことが判明。当人は毒殺されかけたというのに、いまだイロナに好意を抱いている模様。

・「ニケ=アルダーテ」
 藩王キュリオスの妹のドレイクバロンの姫。アルダーテ藩領東部のデュナスを治める長

・「フィリオラ=リュトシー」
 デュナスに隣接する隣の藩領を治める藩王。バジリスク。

・「フラカーン」ガルーダ
 エルークが魔動機術を学ぶきっかけとなった仇。ホ○

・「プリムラ」
 元メデューサ、今は人間に戻った。

・「プリムローズ」 
 ロゼウス農園の人族奴隷。アルジャンの幼馴染?

・「身なりの整った人族」
 メルヒリアに仕える執事。ゲーム中は人族としか言わなかったけど、後付でルーンフォークということに。

・「村の長」 
 ロゼウス農園の奴隷の代表。元冒険者

・「メルヒリア」
 ラミアの女性。名誉点100以上ないと入れない「メルヒリアの館」で酒と賭博と快楽を他の蛮族に提供している。毒薬の神テメリオ(WT P137)の神官、イアンナ流諜報暗殺術(ディルフラム P25)の秘伝修得者。

・「ライフォス神殿長」 
 オウロ・ロゼウス卿が酔狂で認めたライフォス神殿の長。元冒険者

・「???」ガルーダ
 イレーネの父らしいガルーダ。上空にいて降りてこない。エルークの敵かもしれない?

トラックバック一覧

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード: