大きくする 標準 小さくする

「グランクレストRPG」

「ロードは悪代官になるようです」 [FARCE]

投稿日時:2016/10/01(土) 21:06

 2016年8月14日のFARCE定例会の日の記録。
 今回は久しぶりのグランクレストを遊んできました。
 GMから許可が下りたので、全部のルール・サプリを使用可能という贅沢なレギュレーション。私のキャラは結局、ロード・セイバーといういつものキャラに落ち着いたんですがね。ルールブック1の範囲しか使わなかった。でも、鋭刃の印による出血のバッドステータスは、敵のタンクキャラを苦しめるのに貢献できたと思います。
 
201609191559_1.jpg

<キャラクター>
「ラシュクーレ」ロード・セイバー
 戦乱において出現した魔王と呼ばれる混沌を倒し英雄となる。しかし、その名声を疎んだ国王は、最前線の国境に配置する。はじめのうちは、王国に忠誠を誓っていたはずだったが、やがて全く信用されていなかったことを知ったラシュクーレは、敵国へと裏切りを行うことにした。
 悪代官の意味を分かっているのか?という今回の私のキャラ。(ちなみにラシュクーレはお菓子の名前。最近、ネタが尽きてきました)

「ファン・ミージフ」メイジ・サモナー
 エチゴヤとも言われるメイジ。

「ハサ」レイヤー・デーモン
 新クラスのレイヤー・デーモンを使用したキャラ。


<あらすじ>
 ブルボンの領地に、一人のロードがいた。

 彼の名はラシュクーレ。セイバーの力を持つロードである。

 ある年に出現した魔王と呼ばれる混沌を見事に討ち取り、彼は英雄になった。
 しかし、彼の名声を疎むブルボンの王は、彼の戦死を望み最前線に送り込む。そこは、ブルボンからは高い山脈によって隔てられた僻地、隣国アフォガードに隣接する名もなき領地であった。

 アフォガード国とブルボン国の間には、幅が2キロメートルにも及ぶ大河が流れており、二つの河はこの大河による分断されている。
 だが、この巨大な大河に、ある時これまた巨大な橋が出現する。

 人はこの橋をビッグブリッジと呼んだ。

 その建築様式から、ビッグブリッジは投影体の一種と考えられた。あるいは、2国を分断する大河もまた、投影体なのかもしれない。
 最初にこの橋の存在に気がついたアフォガードは、早速、ブルボン側に兵を送った。しかしながら、橋の先にあったのは、三方を巨大山脈に囲まれた貧しい土地があるだけだった。ブルボン側にも見捨てられた土地だったが、アフォガードはここに領主を派遣し新領地とした。
 長い間、この土地は、アフォガード領であったが、ある年にブルボンが軍団を進めることが可能な山道を発見し、彼らの地図上ではブルボン領であったこの土地を、アフォガードから取り戻した。
 この名もなき土地が、ラシュクーレの派遣された領地である。

 シナリオは、これといって資源のない辺境の領地で、重要な戦略物資である「鉱石」が算出、本国相手に取引しても足元を見られるので、高く引きとってくれる敵国に横流ししているという状況からスタート。

 ミージフとハサが本国から密かに偵察に来ているスパイ探しをする中、私のキャラ、ひたすら鉱山を掘ってました。

 最初に言ったんですよ。「鉱石掘ってばかりじゃつまらないから、少し遊ばせてくれ」と、しかし、ターンが進むごとに、鉱石を算出することで領地が成長していくことに喜びを覚え、ついには他のPCが「スパイをみつけました!」と報告をしてくると、「鉱石堀りの邪魔すんな」というまでに鉱山経営第一に考えるキャラに。(世界を支配するという大望はどこに行った?)

 もうちょっと、手に入れた物資で「今日は宴会じゃー」とかやれば良かったですね。クノイチの夜襲とか面白いイベントが起こったかもしれない。

 また、改めて、悪代官セッションは遊んでみたいですね。

にほんブログ村
*ランキング参加中です

トラックバック一覧

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード: