大きくする 標準 小さくする

「ソードワールド2.0」

「空から女性が落ちてきた」 [ザルツ]

投稿日時:2019/10/12(土) 16:12

 2019年9月22日のTRPGBOXその2 シュノーヘン第6.0回

前の話「シュノーヘンの猫耳

<キャラクター>
「ランティム(アルテラ)」
・プリースト3
 冒険者としての名前が「ランティム」で、「アルテラ」が本名っぽい。いろいろ安定しないキャラ。次回、全く変わってるかも。

<NPC>
「ムッス」
謎の敵

<あらすじ>
 ランティムは何回か冒険を重ね(ナイトメアだったり両手利きだったりしたような気もするが、深く考えては行けない。なんせ「馬の骨」なんだから)資金を調達したので、名誉点事業で「アルテラ商会」を始める事にした。
 ちょうど、シュノーヘンでは感謝祭が開かれており、アルテラ商会(というよりただの屋台では?)は、金賞を受賞する。

 名前が売れたのは良いものの、以来ランティムの元には「貸した金を返してくれ」(身に覚えはない)、「生き別れの父」(いや、領地に普通にいる気がする)、などの怪しい人物が次から次に現れた。
 一人になりたいランティムは、シュノーヘンから離れた小高い丘で、星を眺めていた。(格好のデートスポットっぽいが、この日は誰もいなかった)

 一人でぼんやりしていると、空から何かが降ってくる。黒い鎧の騎士だった。
 到底、受け止められるスピードではなく(東京タワーからの落下ダメージを真剣に計算するGM、それは無理です)、黒い騎士はランティムの目の前に落下した。
 幸い、直前で何かの魔法で落下速度が遅くなったが、鎧は粉々に砕け散った。
 黒い鎧の騎士は大人の女性だか、気を失っている。プリーストのランティムは魔法で目を覚まさせようとするが、破損した鎧の兜がしゃべり、まずは傷を癒すように言われた。
 言われた通りにした後で兜から、彼女を頼むと頼まれる。ちなみに、彼女が落ちてきた上空では、何か戦いが起こっているようだった。(二隻の魔動戦艦の戦い、シーン外)

 ランティムが名前も知らない女性を守る事を約束すると、安心したように喋る兜は機能停止した。
 やがて、女性が目を覚ます。彼女は辺境の男爵領の娘で、「ムッス」と名乗る人間率いる蛮族にさらわれ、どこかに連れて行かれる途中、魔動戦艦から身投げしたらしい。
 ムッスには死んだと思われているだろうから(東京タワーぐらいからの高さの落下ダメージは)、領地に帰りたいと依頼を受け、ランティムはそれを受ける事にした。

女性の装備していたアイテムメモ
・兜 頭装飾品扱い データ不明
・マント 背中装飾品 魔力ボーナス分の防御点。(魔力ボーナスではなく知力ボーナスのメモ間違いと思う)
・フォースセイバー 分類:剣 マギティックのインスタントウェポンと同等品
・鎧本体 破損のため使用不可(未知の魔動部品として2400Gで売却可 修理を考えて換金せず)


第6.0回
・経験点1000点 (シナリオ1000点)
・成長 1回
・報酬・剣のかけら なし

これまでの合計(リビルド・キャラロスト時の参考用)
・追加経験点 11050点 プラス各自の1ゾロ分
・成長 7回
・追加所持金 14769G
・名誉点 81点

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード: