大きくする 標準 小さくする

掲示板:雑談掲示板

投稿記事一覧

ウォーハンマー中止になりました

名前:マコト(スマホ)日付:2018/06/05 12:05:54

 私の体調不良により、6/10のウォーハンマーは中止になりました。

どうしたものか

名前:マコト(スマホ)日付:2018/06/02 12:06:25

 ウォーハンマーを遊びたいのは良いとして、プレーヤー二人だものな。何をさせたものか。

 モンスター退治の依頼が手っ取り早いけど、二人だと勝率低い。マスターがひどいみたいな事を言われるのは必須だよね。

プレイヤー二名

名前:マコト(白玉楼)日付:2018/05/28 21:22:36

 一月のウォーハンマーのエルフ狩人ヤバンディルの人と、エスタリア剣士のハインツの人とは連絡とれたので、一応、TRPGって形で進めようとおもいます。

 さて、シナリオはどうするか。

RE:6月10日に三楽堂さんでウォーハンマー(予定)

名前:マコト(白玉楼)日付:2018/05/27 08:57:37

 思えば、ウォーハンマーも結構、遊んできたよな。

 次はボドゲの商人の話みたいのを応用した商売の話みたいなのをやってみたいかな。

6月10日に三楽堂さんでウォーハンマー(予定)

名前:マコト(スマホ)日付:2018/05/24 13:05:34

 三楽堂さんの新店舗が開店したので、またTRPGをやって行きたいと思ってます。

 ただ新店舗、私は下見してきましたが駐車場が狭いです。
 他のお客さんも来ること考えると、ちょっと車の利用は難しい。(来店して駐車場がなくて、集合時間に遅れが出たりしそう。私、あんまり遅くまでは付き合えないので)

 TRPGは遊びたいけど、今のところ、そこがネックですね。(遅くまではいられないのは私の都合なんで、そこは自分が諦めるしかないですが)

ウォーハンマー遊びたい

名前:マコト(白玉楼)日付:2018/05/08 21:03:15

 三楽堂さんも、新店舗開店するみたいだし、ウォーハンマー遊びたい。

 でも、駐車場が狭いから大変なんですよね。(5/3に実際に見てきました。バスはあるけど、ルルブの持ち歩きを考えると)

 まあ、顔見世しつつ、ぼちぼち再開予定で。(このところ、体調崩してます)

RE:SW2.0お疲れさまでした

名前:ガンバード日付:2018/04/26 21:01:32

お疲れさまでした
バランスは今後の課題ですね

SW2.0お疲れさまでした

名前:マコト(白玉楼)日付:2018/04/22 20:39:35

 SW2.0面白かったです。

 大変だったけど、土壇場で思考切り替えてサケスの強化に走って良かった。
 次回は、今回使えなかった自キャラの習得秘伝も使う機会があるといいなと思います。

読まなくても困らないプロフィール

名前:マコト(白玉楼)日付:2018/04/21 21:39:14

「エミル=ロッソ」略歴
・ユーレリア地方 リュッケンの生まれ(蛮族ひしめくカルゾラル高原の隣り)
・徴募係のドワーフに「兵士になればモテてウハウハ」と騙され軍に入隊。
・なんとか生き残り、除隊金でバカンスしようとユレヒト王国へ。(去年の2月のセッション)
・その後、あちこちフラフラし(南のフェイダンから来たのザルツまで)、各種秘伝を習得する。
・特にザルツ地方で、ルキスラ皇帝と会う機会があり、クラウゼ一刀流覇王剣を習得。(この時、リュッケンの騎士見習いということで騎士位の名誉点を払った)
・カジノで勝利を願った結果、戦勝神ユリスカロア(実体)と出会い入信した。
・ユレヒトのカジノに4000ガメル預けてある。(実際に、所持金4000残してます)

 おかしいな。まったく遊んでないのにキャンペーンでも遊んだような状態になってる。

土壇場だけどスキル変更

名前:マコト(白玉楼)日付:2018/04/21 21:29:54

 虎徹さんのキャラクターを見て、土壇場ですがスキルとか変更します。
 魔力撃三連撃のトータルダメージを越えられるキャラが思いつかなかった。(ファストアクションなら六連撃。支援を強化したほうが有利と考えました)

「エミル=ロッソ」
・ファイター8 プリースト(ユリスカロア)7 ライダー9 ウォーリーダー3 アルケミスト1 フェアリーテイマー1(生まれ)

・必殺攻撃 全力攻撃 武器習熟・剣A マルチアクション 魔法拡大・数

・ダークドワーフの顔見知り オーロンセシーレ中隊軽装突撃術 ライロック魔刃術 クラウゼ一刀覇王剣 眠り猫流擬態術 カンフォーラ博物学 騎士位(名誉点の支払いのみ)
*全部書ききれないけど、790点使ってます。

プロフィール
・カジノ好きの流れ者。(経歴を全部書くとみんな飽きる)
 バフをかけてもらうはずが、むしろ私がバフの亡者になったという。